いまどき純情物語

いまどき純情物語

『いまどき純情物語』は1991年にPC98用として、
ALLOTから発売されました。

恋愛ADVだと思ったら、サスペンスRPGだったw

imajun02.jpg

<感想>


ゲームジャンルはRPGになります。

タイトルがタイトルだけに恋愛ゲーかと思ったら、
実はサスペンスものだったわけで。
もう一つ言うなら、ADVって言ってたからADVだと思って買ったら、
実はRPGだったとw

いや、あまりの予想外の展開にちょっとビックリしてしまいましたが、
結局は面白ければそれで良いんじゃね?ってな感じの作品でした。

さて、まずは簡単な設定から。
主人公は崖の近くで倒れており、
病院で目覚めたときには記憶喪失になっています。

それでも看護婦の「間宮ちずる」の献身的な介護により、
体力面は少しずつ回復。
やがて2人は恋仲にへと発展していきます。

ところが、そのちずるが行方不明になってしまい、
主人公は彼女を探すために立ち上がるわけです。

…と、こんな感じで、舞台は普通の街の中です。
でも、味方は増えていってパーティができますし、
敵も出てきて戦闘にもなります。
経験値稼ぎもできるし、アイテムも買えるので、
ストーリー性の強いRPGって考えるのが妥当でしょうね。

90年前後のアダルトゲームに比較的見られるパターンの1つなのですが、
ファンタジーでもSFでもないRPGですね。
90年代までの一般PCゲーやゲーム機のRPGは、ファンタジーやSFばっかりです。
それを考慮すれば異なる路線というのは評価に値すると思うのですが、
同時にこれはRPGの必要があるのかと考えると、
ちょっと微妙な部分もあるわけでして。
状態としては珍しいことは間違いないのですが、
そういう微妙な部分もあって、
個人的には一概に高得点にはつながらなかったりします。

システム的にはRPGとしては基本的にオーソドックスなのですが、
女の子から情報を得るためのHシーンがちょっと特殊でした。
体力に気を使いながら、女の子の絵にタイミングを合わせて、
カーソルキーを押すってものだったんですね。
こういうのはちょっと苦手なので、結構苦労しました。

<総合>


総合では佳作ってところでしょうか。
小粒な作品であり決して出来が良いとは言えないでしょうが、
テンポ良く進む上に新鮮さも一応はありましたので、
それなりに楽しく遊べましたからね。

この時期はアダルトゲームにしては珍しく、RPGの多い時期でした。
最近は同人ゲーで何でもかんでもRPGにしちゃえという風潮がありますが、
最近の同人ゲー市場を見ていると、
何だかこの当時の作品を思い出してしまいますね。

ランク:C-(佳作)

いまどき純情物語

関連するタグ PC98 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/213-51acd999
| ホームへ戻る |