『操心術0』

『操心術0』

『操心術0』は2011年にWIN用として、
Studio邪恋から発売されました。

0とありますが、シリーズとしては4作目になります。

操心術0

<概要>


ジャンルはノベル系のADV。

商品紹介は以下の通り。

誰でも自分の言うとおりに操れる力。
どんな人間でもあらがえない強力な力。
そんな力が俺に芽生えたらどうするかって?

主人公の操り人形と化した彼女たちは、言われるままに、
嫌がりながら自分の手で服を脱ぎ、あるいは心から喜んで主人公の体を舐め回し、
足を広げ――恐怖し、あるいはどろどろの快楽に包まれながら、堕ちてゆく。
感情も、快感も、記憶も……
愛情さえも主人公の意志ひとつで簡単に切り替えられてしまう彼女たちが、
この檻から逃れるすべはないのだった。
あらがえない運命の鎖が今、交錯する―――

<ストーリー>


シリーズ4作目です。
もっとも今回は時系列的には一番古く、
そのためにエピソード0となっています。

ライターのおくとぱすさんは、催眠過程にこだわりを置いた作品も多く、
それが最大の魅力ともなっています。
もっとも、このシリーズは催眠ものではあるものの過程重視路線ではなく、
他の催眠系と同じように自由に操ってしまえというタイプになります。

従って他の催眠ゲームとの違いがないように見えてしまうのですが、
非常に稀な長編シリーズということもあり、
個人的にはシリーズ全体としてオススメ度の高い作品だと思っています。

あまり長いのも入っていきにくいのですが、必要な分は補完されていますので、
基本的にシリーズのどこから入っても構わないのかなと。
極端な話、本作と次の完結編だけでも構わないでしょうし。

ただ本作は、全編に登場しているヒロイン・吉峰麗の誕生秘話に迫ります。
時系列を考えれば本作からでも構わないのでしょうが、
それだと吉峰麗に思い入れがないので、あまり楽しめないおそれも出てきます。
3のストーリーが良いこともありますし、
個人的には3くらいからはやった方が良いのかなと。
もちろん、3をやって、やっぱり最初からって考えるのもありでしょうけれど。

というわけで、シリーズ全体を通せば長く楽しめる作品ですし、
吉峰麗の誕生秘話ということで、シリーズの中でも外せない位置付けにあります。
なので、このシリーズに興味がある場合は外せない作品なのですけどね。

単純に本作だけで見ると、普通の催眠系って感じでもあり、
可もなく不可もなくってところでしょうか。
露出シチュが多めなので、その点は個人的に嬉しかったのですが、
良くも悪くも普通の域を出ない作品だと思います。

<グラフィック>


シリーズというわりに、原画は毎回変わります。
本作と次の完結編だけは、同じ原画ですけれど。

演出面での向上もありますし、絵柄やアヘった顔など、
基本的に今風な感じだと思います。
個人的には前作の方が好きな絵柄なのですが、
たぶん多くの人は今作の方が好きなのではないかなと。

<総合>


基本的には普通の作品って感じなので、佳作としておきます。
この作品だけだったら、あまり記憶に残らないタイプでしょう。
ただシリーズとしては外せない作品ですので、
その意味では重要な作品と言えるのでしょうね。

ランク:C-(佳作)

操心術0

ダウンロード版
操心術0dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2011」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2128-0406fbc6
| ホームへ戻る |