『妻堕 ~清楚な人妻の隠された露出性癖~』

『妻堕 ~清楚な人妻の隠された露出性癖~』

『妻堕 ~清楚な人妻の隠された露出性癖~』は2012年にWIN用として、
STUDIO TRIUMPHから発売されました。

むとうけいじ&おくとぱすコンビによる、新たな作品になります。

妻堕dl

<概要>


商品紹介は以下の通り。
「『寝取られナース』シリーズが完結し、遂に新たなタイトルが完成しました。
今回は病院からマンションに舞台を移した人妻寝取りものゲームです。

主人公は別離屋(わかれや)と呼ばれ、
男女の関係を壊し別れさせることを生業とする男。
別れさせずに女を寝取って欲しいという少し変わった依頼を受けることに。

ターゲットは、マンションの管理人をしている人妻。
気立てが良く美人でプロポーション抜群の女。
この女の隠れた性癖を見抜き、そこを重点的に責めて快楽に溺れさせ、
夫に気付かれることなく堕としていく。

自分自身が気付いていなかった性癖を解放され、快楽をむさぼるようになる人妻。
夫以外の男を知らない人妻が、他の男と関係を持ち、
嫌がりながらも次第に快楽に溺れ堕ちていく過程を堪能できます。」

<ストーリー>


このサークルによる『寝取られナース』シリーズは、
単体だと平凡な作品だったのですけどね。
シリーズを通すと、関係者を次々寝取られるという、
実に得がたい愛すべき主人公のいるシリーズだったわけでして。
シリーズ化されて飽きられる作品も多い中、
作品ごとに主人公の悲惨さに何とも言えない愛着の沸くシリーズでもありました。

そのシリーズが終わり、次の作品となったのが本作です。
おくとぱすさんは催眠系には非常にこだわりがあるものの、
寝取られには良さを感じられなかったので、
ジャンルによってはスルーするつもりだったのですけどね。
「人妻」で「寝取り」で「露出」と好きな要素をこうも重ねられますと、
ついつい気になってしまうわけですよ。
催眠系以外はこだわりが見受けられないから相対的な面から不満も書くだけで、
基本的に文章そのものは肌に合いますから。

ということで肝心の内容なのですが、事前に想定しえた通りの内容でした。
特筆すべき良い点も悪い点もなく、ごく普通の人妻寝取りものです。
まぁ地力のあるライターですし、比較的丁寧に描いていますので、
人妻寝取り系が好きなら楽しめないということはないでしょう。
絵が好みなら普通に楽しめる安全牌だと思います。

ただ事前に予想したように、やっぱり無難な路線なんですよね。
催眠系作品ほどのキレはなく、商品として無難にまとめた感じです。
それと今回は露出も注目された部分だったのですが、
該当シーンも少ないですし、この点に関してはハズレだったかなと。
露出系作品なら他所にもっと良いのが幾らでもあるので、
この点だけを求めるのなら、他作品をプレイした方が良いです。
あくまでも寝取りものとして考えた方が良いでしょう。

<グラフィック>


今はどれだけ人気があるのか分からないのですが、
昔からプレイしていることもあり、むとうけいじさんの絵は好きなわけでして。
それで今作も楽しめました。

今作は目がレイプ目みたいになるのが特徴なので、
好きならプラス、嫌いならマイナスってところでしょうか。
私は巷で流行っているアヘ顔なんかは苦手ですが、レイプ目は好きですね。

<総合>


露出方面は期待はずれでしたが、中心である人妻寝取りものとして、
全体では無難にきちんとまとまった作品だと思います。
寝取られ系よりも手薄なジャンルでもありますし、
ジャンル内で相対的に考えれば、好きなら楽しめる作品なのかなと思います。

ランク:C-(佳作)

妻堕dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2012」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2126-a65231c0
| ホームへ戻る |