『紅蓮』

『紅蓮』

『紅蓮』は1999年にWIN用として、ZONEから発売されました。

当時、WINDOWS時代に入ってからのアダルトゲームとしては珍しい、
フィールドタイプのRPGでした。

紅蓮

<概要>


ジャンルは2DタイプのRPGになります。
鬼や江戸時代をモチーフにした世界観の、
いわゆる伝奇モノってところでしょうか。

非常に前評判の高かった作品で、
注目度から言えば99年でも最高クラスの1本だったように記憶しています。

<感想>


作品云々を語る前に、そもそも何でこれがそんなに注目されたのかなと。
まずそのことが、一番印象深く残っているわけでして。

確かに大手の新作であるとか、有名クリエイターの新作ならば、
注目されるのも分かるのですけどね。
確かにZONEはRPGの経験こそあったものの、
過去に名作と呼ばれるような評判の良い作品は残していなかったわけでして。
そのブランドの新作が発売前から非常に注目され、
年間でもトップ10に入ってくるほどに売れたということが、とても不思議でした。

WINDOWSの時代になって新作のRPGが激減してしまいましたので、
それだけユーザーがオリジナルRPGを待ち望んでいたということなのでしょうか。
それならエウシュリーの『戦女神』も、もっと注目されて良さそうなものですが、
当時は圧倒的に紅蓮の方に勢いがあったんですよね。
エウシュリーはデビュー作だったから、
少しでも経験のあるこちらに注目が行ったということなのでしょうか。
まぁ雑誌とかで公開された情報を見ていると、凄く面白そうではありましたけどね。

99年の売り上げという観点からは紅蓮に圧倒的に軍配が挙がりましたが、
その後のエウシュリーは着実にファンを増やしていき、
他方でZONEは消えていくわけですから、
世の中ってどう転がるか分からないものです。

まぁZONEが失速したのは、そもそもゲームの出来が悪いからなんですけどね。
グラフィックの優れた本格RPGということで注目度こそ高かったものの、
完結しないストーリーに相次ぐバグ、つまらない戦闘に異常なエンカウント率と、
叩かれる要素は満載でしたから。

金さえあれば戦闘をしなくても成長するシステムなどは、
個人的にはそれはそれでありだと考えます。
賛否分かれるだろうなとは思いますけどね。
しかし何れにしろ上記のような欠点があるために、
全体としてはグラフィック目的以外の人は満足させられないだろうなと。

基本的に絵だけゲーであるし、作品としては凡作でしょう。
評判を聞いた上で安くなってから手を出した私みたいなのは構わないのですが、
何であの時、皆がそんなに注目していたのか、
一応理由は考えてはみたものの、
それでもやっぱり不思議に思ってしまう作品でした。

ランク:D-(凡作)

紅蓮

関連するタグ WIN /RPG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2124-1002a4f2
| ホームへ戻る |