ロックネス ~ネス湖の秘密~

ロックネス ~ネス湖の秘密~

『ロックネス ~ネス湖の秘密~』は2002年にWIN用として、
ツクダシナジーから発売されました。

オリジナルは2001年にDreamcatcherから発売された、
『THE CAMERON FILES SECRET AT LOCH NESS』です。

本作はそれの日本語版になり、
現在はダウンロード版もあってそちらで楽しむことも出来るようです。

ゲームジャンル:MYST系ADV
ロックネス

さて、90年代後半は毎年多くのMYST系ADVをプレイしてきました。
そうなると2000年以降は急にプレイできるものが減った感じで、
MYST系ADVに飢えた状態になってきました。

まぁ、ここ数年なんかは、
日本語で遊べるMYST系ADVは発売すらされない年が続いています。
それを考えると2001年には『MYST3』等幾つかありましたし、
今に比べれば随分と恵まれた状況にあったわけですが、
当時は急に減っていったことでそう感じてしまったわけです。

そんな中でツクダシナジーが大量に纏めてADVを翻訳するという、
嬉しい情報が入ってきました。
本数は多いけど知名度の低そうなやつばっかだな、
もっと他に先に日本語化するべき物があるだろとか、
一度にそんなに出されてもお金が続かんよとか、
出るなら出るで贅沢な不満もあったわけですが、
せっかくメーカーが頑張って出してくれるわけですから、
せめて1つは買おうと思ったわけです。

で、調べた情報の中から一番面白そうかなと思ったのが、
今回のこの『ロックネス』だったわけです。

MYST系ADVということでストーリーはあってないようなもの、
世界観を楽しむことが主となりますが、
一応ストーリーらしきものはあります。
本作の主人公は私立探偵で、
ネッシーで有名なネス湖近くの館で超常現象が生じると噂があることから、
その調査にやってきます。
そこで様々な超常現象に遭遇しつつも真相に挑むというのが、
大まかなあらすじになるでしょうか。

オチはハッキリ言ってクソです。
最初はミステリー物かと思いきや、
最後で超常現象にネッシーとSFが絡んできます。
ラストのあまりの超展開には、
ぽか?んと口を空けたままおいてけぼりにされ、
間違いなく呆気にとられるでしょう。
評論家っぽくストーリーの出来で判断するなら、
この作品は駄目すぎます。
失笑物の超展開ですからね。

ただ、超展開になってからはムービーであっという間に流れていきますし、
何か分からん内に一気に終わってしまったという感じなので、
プレイしててつまらないとかストレスを感じるとかはありませんでした。
むしろ途中までは良い雰囲気で進んでいたので、
わりと楽しかったりします。
それでもノベル系とかなら終わりが駄目なら全体として駄目と感じますが、
MYST系ってわりとオチが弱いのが多いですからね。
謎解きをしている途中が面白ければラストの数分がどうなろうと、
あまり気にならないものです。

謎解きは普通に楽しめた感じでしたし、
グラフィックは良い部類に属すると思います。
基本は館の中がメインなのですが、
館周辺も舞台となって、
後半では湖の中を潜ることもあります。
その湖の中のシーンとかは見ていて結構新鮮な感じでしたし、
楽しかったんですよね。
そうですね?このゲームの最大の特徴は何かと問われれば、
この水中の移動シーンの臨場感ってとこになりますかね。

総じて、最後の超展開が気にならないならば、
普通に楽しめるMYST系ADVだと思います。
特にこれという長所がないので、
あえて本作を推す理由はなく名作とは言えないでしょう。
でも、MYST系に飢えているのであれば、
金額分は楽しめるゲームであるとは思います。
なので、個人的には佳作と判断しておきたいと思います。

ランク:C(佳作)

ロックネス ネス湖の秘密

ロックネス ~ネス湖の秘密~

関連するタグ WIN /ADV /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/21-07c4f300
| ホームへ戻る |