『愛のチカラ』

『愛のチカラ』

『愛のチカラ』は2005年にWIN用として、
シルキーズから発売されました。

実話をベースにした作品ですね。
こういう路線ももっとあって良いように思うのですが・・・

愛のチカラ

<概要>


商品紹介は以下の通り。
投稿写真雑誌『熱写ボーイ』(東京三世社刊)の投稿読者による、
実話をベースに制作された実話再現AVG!
彼女との関係の中で繰り広げられた、デリケートな女性の心理を察知し、
心を開かせていく巧みな選択。
開発スタッフも思わずビックリしてしまった過激な写真の裏側に隠された真実、
そして刺激的な日常を再現ドラマゲームとしてお届けいたします!

<ストーリー>


本作の主人公は医療機器メーカーの営業マンであり、
取引先で働くナースに一目惚れします。
取引先の相手との禁断の愛に、時には出会いと別れも繰り返し、
それに投稿写真雑誌を通じて変態プレイに少しずつ染まりつつ、
愛を深めていく物語です。

基本的には主人公とヒロインの2人の純愛の話ですから、
他の女性とのHであるとかヒロインの寝取られなどはあるものの、
それらは皆BADENDとなります。

さて、公式におけるジャンルは実話再現AVGだそうで、
投稿写真雑誌『熱写ボーイ』(東京三世社刊)の投稿読者の実話をベースに、
この作品が作られたとのこと。
そういう作品なのでね、ドラマティックな展開とか、
萌えだの過激さだのといったものもありません。
TVとかで事実は小説より奇なりと、たまに信じられないような凄い話もありますが、
そういうのは滅多にあるものではありません。
だから萌え系の創作恋愛ゲーと比べると地味に見えてしまいそうですが、
そもそも対象ユーザーが異なるのでしょうね。
萌えゲー好きは漫画やアニメも好むでしょうが、
実話ベースの物語やノンフィクションも好んで読む人は少ないと思うのですよ。
逆にこの手の雑誌や書籍が絶えず出版されていることからも、
世間での需要は少なからずあるのだろうし、
そういうのが好きな人が漫画と実話を比較するとは思えません。
そもそも萌えゲーや調教ゲーと比較すること自体がナンセンスであり、
また違った楽しみ方をすべき作品なのでしょうね。

まぁ実話を元にした純愛とは言っても、
投稿写真雑誌の投稿が元なだけに、実話としては結構過激でして。
本作には縛り・野外露出・複数プレイなども含まれているのですが、
ゲームでは好きでも実際には中々行動に移せませんしね。
個人的には他人を交えての複数プレイなんぞ、現実では絶対NGですよw
フィクションもノンフィクションも一緒に考える人には地味かもしれませんが、
なまじリアリティがあるだけに、結構くるものがあります。

そういう意味ではメインルートは満足とも言えるのですが、
やっぱりストーリーが一本というのは、
ゲームとしては物足りなく見えてしまうかもしれません。
これが普通のゲームなら何人かヒロインを用意したりするのでしょうが、
作品の性質上、途中からのルート分岐は無理でしょう。
if扱いで分岐ルートを増やしてしまうと、
今度は実話としてのリアリティが損なわれてしまうだけですし。
とは言え、ヒロインが一人だけというのも若干寂しいので、
オムニバス形式で2本ないし3本くらいの物語が収録されていれば、
個人的にはもっと楽しめたように思います。

尚、本作は一度クリアすると、各シーンをヒロイン視点で見ることができます。
ここは良かったですね。
少しずつ変わっていくヒロインの変化が見て取れますし、
ヒロインの心境が分かることで本編の魅力も更に増しますし。

<ゲームデザイン>


ジャンルはノベル系のADVになります。

シナリオの設定の関係もあり、実質的には一本道です。
途中の選択肢で間違うと、どれもBADENDに直行します。
END数はかなりの数になるものの、
どれも選択後早めにENDとなってしまいます。
繰り返しになりますが、ここは捉え方が難しいですね。
ゲーム的に即BADだらけというのは、決して面白いものではないわけで。
しかし主人公とヒロインの実話部分を強調したいのであれば、
BADルートを膨らませるのは得策ではないでしょう。
だからどうしても、ゲーム的には中途半端にならざるを得ないわけで。
個人的には上記のようにオムニバスであれば、
少しは単調さを緩和できたようにも思うのですが。

<総合>


グラフィック面はさすがにシルキーズだけあって良かったです。
流行の萌え系と比べると、どうしても地味に見えますけどね。

実話作品だと思えば、これはこれで結構良いよなと思えたり。
何より、萌えゲーにありがちな過剰なコメディ要素だの、
あざといキャラの言動だの、だるい日常パートだのがないので、
ちょっと変態染みてはいるものの、純粋な愛の物語として楽しかったです。

結局はそこなのかな・・・
これだけ巷に恋愛ゲームが溢れているはずなのに、
どうにも最近は「真摯な恋愛」を扱ったと思える作品がほとんどないわけで。
少なくとも私は、本気で恋愛を扱った作品というものを、
何年もプレイしていないように思います。
本作をプレイすることにより、
何か久しぶりに恋愛ゲーをやったな~って印象すら抱いたものです。

実話作品を実生活にフィードバックする人はいても、
エロゲを実生活にフィードバックする人はまずいないでしょう。
そういう意味では実話作品好きが今のエロゲをやっていることは稀でしょうし、
現在のエロゲ市場では、こういう系統の作品の需要は少ないのだと思います。
でも、個人的にはこういう作品はもっとあっても良いと思うし、
コンスタントに発売されていれば、
萌えゲーには興味がなく一切プレイしないけれど、
この手の作品だけはプレイしますみたいな、
新しいファン層も生まれる可能性はあると思うのですけどね。
百合ゲーなんかが良い例で、ふつうのエロゲオタには関心が薄いけれど、
百合好きの中ではかなり盛り上がった作品なんかもありますからね。
新規の開拓という意味で本作は挑戦的な作品だったと思いますし、
作品としての若干の物足りなさを補う魅力もあるということで、
個人的には良作としておきます。
ホント、こういうのはもっと増えて欲しいのですけどね・・・

ランク:B-(良作)

愛のチカラ

ダウンロード版
愛のチカラ DL

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2083-d9e83449
| ホームへ戻る |