『マブラヴ』

『マブラヴ』

『マブラヴ』は2003年にWIN用として、
ageから発売されました。

王道恋愛ものと聞いて騙された人、一杯いますよね。

マブラヴ

<ストーリー>


王道恋愛ものは、どうしても自分の肌に合うか否かってのが大きいわけでして。
アージュの作品はこれ以前にも何本かやっていたのだけれど、
いわゆる日常シーンとか好きだったんですよね。
っていうか、無名の頃は好きなブランドだったので、ほとんどプレイしてましたし。
だから『君が望む永遠』の1章とかも、凄く楽しかったのですよ。

ところが『君が望む永遠』の場合、途中から劣化版の昼ドラもどきになってしまい、
非常にガッカリしたものでした。
鬱ゲー自体は好きなのですが、こんな中途半端な鬱ゲー作るのなら、
一流の王道作品のまま突き進んでくれよと思ってしまうのです。
もっとも、いわゆるエロゲユーザーと昼ドラ視聴者は異なるようで、
それまでのエロゲに昼ドラっぽい作品が少なかったことから、
多くのユーザーには新鮮に見えたようですけどね。
(PC98時代にはそれらしき作品も若干ありましたが、
WIN以降は皆無に近いので、WINゲーから始めた人には、
より新鮮に見えたのだと思います。)
だから両方好む私みたいなタイプの方が珍しいのかもしれませんが、
何れにしろ個人的にはガッカリしてしまったわけです。

その君望の次なる作品として発表されたのがこの『マブラヴ』であり、
事前の説明とか雑誌情報とかだと、
今度は王道恋愛ものだから安心して楽しめるとか何とかって言っていたのです。
望んでいたのはそれだよ、それなら最後まで楽しめるよなと思っていたのですが、
実際にプレイしてみると、これがまた多くの人が知るように、
途中から劣化ガンパレもどきが始まったわけで、
ぉいぉいまたかよ~と思わず頭を抱え込んだものです。

一応知らない人向けに補足しておきますと、
本作は普通の王道恋愛ものであるエクストラ編と、
ロボバトルなアンリミテッド編からなるのです。
そしてアンリミテッド編が未完だったのです。

また他所から持ってきたような設定の終盤というだけでも辟易するのに、
それどころか今度は未完の分割商法でもありました。
不満があろうとも1作で完結した分だけ君望はまだマシだったよなと、
心底思ったものです。

<グラフィック>


かようにストーリー面にはガッカリしたものの、
まぁアージュの作品は2000年までは結構好きだったものの、
2001年の時点でシナリオ面はもう半ば見限っていたので、
それ程期待していたわけでもないのです。
確かに日常シーンは肌に合うのだけれど、それだけだったら購入しません。
そんな私をアージュにつないでいたのは、グラフィックの存在なのです。

ADVの歴史というのは半ばグラフィックの進化の歴史だと思っていますので、
年々どういう風に進化していくのかを感じるのが好きなのですよ。
グラフィックと言ってもいろいろあるのですが、
PC98からwindowsの時代になって一枚絵の質は向上したものの、
立ち絵の動きとか画面内の動きとかは逆に退化してしまいました。
最近はいろんなブランドが立ち絵とかエフェクトに力を入れていますが、
90年代後半からゼロ年代前半までは非常に寂しかったものです。

そんな中にあってアージュは、デビュー時から演出に力を入れていましたし、
本作で立ち絵にも力を入れてきたんですね。
そうなると、やっぱり気になるのですよ。
まぁ実際にはまだまだ発展途上だなとの印象は残りましたが、
それでも変えようという姿勢は伝わってきましたし、
この部分に関しては好印象を持ったものです。

<総合>


我ながら複雑な気もするのですが、アージュというブランドに対しては、
応援したい部分と嫌な部分が共存しているのです。

立ち絵の動きやエフェクトの進化に関しては、
今後も頑張ってもらいたいと思ったものです。
その一方で君望に本作にと、とりあえずインパクトだけ与えて、
稼げるだけユーザーから稼ごうというような姿勢が見えてしまい、
何だか嫌だなと思う部分も強くなってしまいました。
『化石の歌』の頃は非常に好きだったブランドだったのですが、
どちらかと言えば嫌いに転じたのはこの頃になるのでしょうね。

ランク:D(凡作)

マブラヴ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2075-a5c917ba
| ホームへ戻る |