オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?

オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?

『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』は、
1984年にPC-88用として光栄から発売されました。

光栄の黒歴史シリーズの第2弾になります。

ゲームジャンル:ADV+RPG

orandaduma01.jpg

<感想>


順番としては『団地妻の誘惑』よりも後の作品なのですが、
タイトルが『ブレードランナー』の原作邦題である、
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のアレンジだったりしたために、
団地妻よりも有名な気がしますね。

システムはADV+RPG。
いろんなパラメーターがあるだけでなく街を移動したりするので、
よりRPGっぽくなった感じでしょうか。

orandaduma02.png

よくネタとして持ち出されることも多い本作ですが、
意外にもというか、さすがに光栄が作るだけあって、
ゲーム性はことのほかしっかりしています。

しっかりしています…が、
アダルトゲームというにはやっぱり絵が貧相です。

また、これは私の主観面の問題にもなってしまうのでしょうが、
設定としては今回は逃げ出したダッチワイフを回収するのが目的で、
街で情報を収集しつつ出あった女性を襲うという内容でした。
この設定がね、あまりそそられないのですよ。

絵がヘタレな分、そこは設定から妄想でカバーしたいわけです。
昼下がりの団地妻との妖しい一時とかっていうのなら、
いろいろと妄想も働くのですけどね、
本作の設定ではヘタレな絵をカバーするほどの妄想は無理です。

ですので、ゲーム性自体は『団地妻の誘惑』より増したのでしょうが、
個人的には、思ったほどには楽しめなかったかもですね。
結局、私の評価としては佳作ってとこでしょうか。

ゲームの総合的な出来は団地妻と同等なのでしょうが、
84年は周りのゲームのレベルも上がったことも考えると、
やっぱり団地妻より1ランク下ってなりますからね。

ランク:C(佳作)

オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか

関連するタグ PC88 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/206-932ec179
| ホームへ戻る |