『PILcaSEX』

『PILcaSEX』

『PILcaSEX (ピルケース)』は1996年にPC98用として、
PILから発売されました。

SM専門ブランドによるオムニバスのマゾゲーになります。

PILcaSEX

<概要>


オムニバスということで、5本の作品と音楽コーナーが収録されています。
5本の作品はどれもSMに関連するようなADVなのですが、
ADV内の細かいゲームジャンルは異なっていることが多く、
一工夫加えることの多かったPILらしい作品となっています。

収録作品は以下の通り。
『AFTER SEEK』 『犬』 『輪 ~リンチ~ 恥』
『無題』 『性欲の強い看護婦』

『AFTER SEEK』は『SEEK』ファン向けの作品ですし、
内容も想像がつくと思うので、それ以外の4本を軽く紹介します。

<犬>


人として扱われず犬と認識された男が、飼い主である3人の女性に調教される、
マゾ特化作品。
ジャンルはコマンド選択式のADVになります。

PILcaSEX01

SMというとSとMの両方が含まれてしまい分かりにくいですが、
調教ゲーなど当時は基本的にSなゲームの方が多かったです。
本作のようなマゾ特化作品はまだ非常に珍しく、
SM専門ブランドの懐の深さを示した作品でした。
今で言えば、『夢幻廻廊』が似ていますね。

<輪 ~リンチ~ 恥>


いじめ問題に一石を投じる作品ということで、
いじめられっ子の主人公がクラスメイトにいじめられ、
それが次第にエスカレートしていく話。
アダルトゲームなので、いじめも輪姦されたり性的なもの中心。
救いがないのでつらいですね。

ジャンルはノベル系のADV。
画面下部にテキストが表示され、基本は読むだけなのですが、
たまに選択肢が表示され分岐していきます。
つまり今の大半のADVと一緒です。

<無題>


究極のマゾ。
いじめられるだけでは足りなくなってしまい、
自分を殺してくれる者を探す女性の狂気を描いた物語。

PILcaSEX03

マゾのいきつくところはここなのだろうか。
SMプレイをしていた相手が、
俺には家族もあるんだと泣きを入れるところが、
「プレイ」と「本気」との違いを感じさせます。

デジタルノベルとあるように、これは完全一本道のノベルでした。
モノクロ画像に血だけが赤く浮かび上がり、
インパクトのあるグラフィックも特徴でした。

<性欲の強い看護婦>


これは他の作品と少し方向性が異なりまして、
ドSな看護婦がやりまくる作品になっています。
長岡建蔵さんが原画を担当し、狂ったような表情が特徴。
ファンなら絵目当ても良いかもしれません。

ジャンルはノベル系のADV。
確か始まった後は一本道なのだけれど、
どのシナリオが始まるかはランダムみたいなシステムだったかと。

<総合>


どれもSMと関連する作品なのだけれど、
物語の方向性も異なりますし、ゲームジャンルも異なるので、
全然被らず楽しめます。

内容的にはかなりハードだったのですが、
オムニバスということで一つ一つが小粒なのと、
作品によっては欲しいところに絵がなかったりで、
テキストの内容ほどには過激に感じないのかなと。

一本一本を単独の作品として作りこんで発売していれば、
どれかは名作として名が残ったかもしれません。
なまじ可能性が秘められていただけに、
アイデアの原石のような形で世に出てしまったことは、
少し勿体無かったように思いますね。

ランク:B(良作)

PILcaSEX

関連するタグ PC98 /ADV /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2052-4bb20a21
| ホームへ戻る |