団地妻の誘惑

団地妻の誘惑

『団地妻の誘惑』は1983年7月にPC-88用として、
光栄から発売されました。

まぁ、これはあの光栄が実は~って感じで、
古いわりにある意味有名な作品なわけで、
いわゆる光栄の黒歴史ってやつですね。

danchiduma01.png

<概要>


ゲームジャンル:SLG+ADV

最近は無双シリーズのようなアクションも多いコーエーですが、
その前は様々なSLGを作るブランドでした。
もっとも、その前にはアダルトゲームも作っていたわけでして。
本作はその初期の作品になります。

アダルトゲームの元祖となると他の作品が出てくるのでしょうが、
私は『ナイトライフ』はゲームとは思っていませんし、
「野球拳」の類はゲームではあるけれど、シンプルすぎますしね。
ビデオゲームとしての実質を伴った作品となると、
本作辺りからとなるのでしょう。

<ゲームデザイン>


さて、肝心の中身なのですが、プレイヤーはセールスマンとなり、
団地を訪れて避妊具を「実演」販売します。
つまり避妊具を売りつつ、団地妻たちとやっちゃったりするわけですね。

danchiduma03.png

システムは、ADVとSLGの中間的な感じですかね。
育成するという感じではないのでRPGではないのですが、
ニュアンス的にはRPGが近いかと思います。

具体的には3D風の画面で主人公を直接動かし、
出会ったキャラに対応していくことになります。
OならOPEN、FならFUCKとかコマンドが対応していまして、
基本的にはコマンド選択型のゲームになるわけですね。
そしてそのコマンドの結果によって、
パラメーターが変動していくわけです。

パラメーターの役割が単に行動制約だけだったならば、
ADVと言えるのでしょう。
しかし会話を楽しむって言うよりも、終始数値が気になる感じです。
数値の比重が大きいのでここでは一応SLGとして扱いますが、
何れにしろ変則的な作品と言えるでしょう。

<感想>


このゲーム、発想は良かったと思うんですけどね。
出すのが早すぎましたね、これは。
何分にも83年の作品なんで、絵がショボすぎます。
これでアダルトものって言われても、全くそそられないでしょう。
しかもせっかく脱がせても、パソリンカットという邪魔が入っちゃいますし。
ルックスと年齢の数値だけで妄想できるぐらいでないと、
ちょっと辛いものがあります。
しかも、Hシーンでは相手の快感に合わせて最後はボタン連打ですからね。

danchiduma04.png

まぁ、ネタとしては有名ですが、
知名度ほどの内容は伴ってなかったって感じでしょうか。

というわけで、貶すのは簡単なのでしょう。
でも、それ以上に83年の時点でこういうのを作ったということに、
素直に驚かされます。
そのオリジナリティの高さは賞賛に値しますし、
これはこれで良作扱いで良いように思いますね。

近年は無双をはじめ続編やマイナーチェンジ作品が多いのですが、
昔は数々の独自性の高いゲームを作っていたわけでして。
そういう他にないものを作ろうという姿勢は、
この作品あたりからも良く伝わってくるように思います。
ブランドにとっては黒歴史かもしれないけれど、
むしろ今より好感が持てるように思うのですよ。

それにしても、こういう設定って官能小説とかでは定番っぽい気がします。
でも、アダルトゲームではほとんどないわけでして。
基本的システムがそのままだったとしても、
可愛いヒロインを用意してリメイクしたら、
今でも結構面白いんじゃないかなって思います。
少なくとも私は購入すると思うので、
どこかがこういうゲームを作ってくれると嬉しいのですけどね。

ランク:B(良作)

FM77 3.5インチソフト 団地妻の誘惑

関連するタグ PC88 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1983」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |