『痴漢者トーマス』

『痴漢者トーマス』

『痴漢者トーマス』は2003年にWIN用として、
XUSEから発売されました。

突如現れた、痴漢ゲーの救世主・・・?

痴漢者トーマス

<概要>


ブームになるでもなく、常に日陰の存在として細々と続いてきた痴漢ゲー。
おさわり系の痴漢ゲーは個人的には好きなんですけどね、
年々時代の流れとは離れていったようでして。

90年代を代表するのはインターハートの作品たちとなるのですが、
ゼロ年代に入った辺りから次第に勢いがなくなっていきます。
2001年には音ゲーの要素も混ぜた新感覚の痴漢ゲー、『最終痴漢電車』が発売されます。
しかし新たな期待の星だった『最終痴漢電車』は、
続編がコマンド選択式に変更されてしまいます。

俺らはおさわりがしたいのだと、もっと触らせろよと、
おさわりゲーに飢えていたところに現れたのが、
この『痴漢者トーマス』でした。

<ゲームデザイン>


ジャンルはSLGと表記されることもありますが、
ポイント&クリック式のADVですね。
馴染みやすい表現をするならば、おさわり系の痴漢ゲーです。

場所を移動してヒロインを見つけて、
痴漢でおさわりをしていかせららればOKであり、
基本的な流れはほぼ一緒です。

ただ1点だけ大きな特徴がありまして、
奥義が出てきたり、それを絶叫したりするのです。
ある意味エンタメとしての痴漢になったのであり、
インターハートのじめじめしたリアル志向と異なります。

<ストーリー>


ストーリーらしきものがないのはこのジャンルの特徴なのですが、
雰囲気というものは当然あります。
『痴漢者トーマス』なんてタイトルで大丈夫なのかと思ってしまいますが、
タイトルからも連想されるように馬鹿ゲーなんですね。
普通に考えて、痴漢の最中に絶叫したら駄目だろうと。
もう完全にリアリティのある痴漢からはかけ離れています。

<総合>


大雑把な傾向を踏まえたならば、後は好みの問題でしょうね。
私は多少のリアリティ、犯罪としての暗くじめっとした痴漢を求めるので、
本作は肌に合いませんでした。

しかしどのブランドもインターハート路線に従う必要はないし、
同じような作品ばかりでは駄目だとも思います。
本作はエンタメとしての楽しめる新しい形の痴漢ゲーを目指したのであり、
こういう作品が出てきたこと自体は喜ばしいことだと思います。
ゲームなんだから単純にゲームとして楽しければ良い、
中途半端なリアリティなんぞ要らんって人もいるでしょう。
そういう人なら本作を楽しめる確率は高くなるのであり、
高く評価する人がいてもその気持ちは理解できる作品でしたね。

ランク:C-(佳作)

痴漢者トーマス

ダウンロード版
痴漢者トーマス DL

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2049-9aa5e852
| ホームへ戻る |