<小説> 石の血脈 (半村良)

<小説> 石の血脈 (半村良)

『石の血脈』(半村良)
伝奇小説における日本最高の小説家である半村良氏の代表作。

元は1971年に出版されたのですが、その後各社から出版されていますので、
入手しやすいのを読めば良いのかなと。

石の血脈

<概要>


商品紹介は以下の通り。
「半村良の伝奇SF小説の金字塔!
失踪した新妻・比沙子を捜す隅田は、
古代イスラムから脈々と伝わる血の秘密にたどりつく。
アトランティス、巨石信仰、吸血鬼伝説、狼男、永遠の命・・・。
壮大なスケールで描く半村伝奇SF小説の極み。」

<感想>


人生において、これぞ最高の物語と思う作品に出会うことがあると思います。
或いは最終的に自分にとっての最高になりえなくとも、
途中まで最高になりうるかもという気持ちで読み進めた経験もあるでしょう。
この本を読み始めた時の私の感触はまさにそれで、
こんな小説見たことがない、人生最高の作品になるかもと、
非常に興奮しながら読んだものです。

伝奇小説というジャンルにおいて最も有名な作家の、
しかも最も有名な作品ですからね。
詳しい解説をなされているサイトとかも一杯あるだろうし、
そこに新説みたいな新たに何か言いたいということもないので、
細かい部分については省略しちゃっても良いかな。
紹介にもありますが、世界中の伝説を見事につなぎあわせていく展開は、
本当に圧巻でした。

加えて寝取られやらエロスを感じさせる描写も結構多かったんですね。
ぶっちゃけ、下手なアダルトゲームより興奮できます。
絵も音声もないのにね。やっぱ文章の力は偉大です。

予想外にエロい上にストーリーは最高ということで、
途中までは人生最高の作品と思っていたんですよね。
しかし後半でSF展開になっていって、そこから少し熱が冷めてしまいました。
もちろん、トータルでは最高峰の傑作に違いはありません。
あくまで、人生最高とまではいかなかったという次元での話ですね。

まぁ、でもこれは単に好みの問題なのでしょう。
伝奇SFという分野での金字塔であり、
確かにこの分野でこれ以上の作品はないのですから。
私が冷めたのは作品に問題があるのではなく、
単に本質的に伝奇SFがそれほど好きでなかったというだけなのでしょう。
どちらかと言うと、伝奇なら伝奇で貫いてもらった方が好みなのですよ。
あくまでも私個人の問題でしかないので、
これぞ最高の小説だと言う人がいても全く異論はありません。

さて、ここは基本的にゲームサイトですので、
ついでにそっち方面の話もさせてもらいます。
アダルトゲームの市場でも90年代後半から伝奇系が増えていきます。
80年代にはたまに見かけたのですが、90年代前半はほぼ絶滅しましたので、
実質的には一度途切れたと言えるのでしょう。
また見かけるようになったのは、95年くらいからかな。
なのでまた新鮮に見えやすかったものです。
それから小ブームみたいな感じで少しずつ増えていったのですが、
windows以降の伝奇は読み物タイプのノベルゲーがほとんどでして。
少しはゲームらしさがあれば、そこを強調して小説とは異なると言えます。
でも、読み物で、しかも絵や演出が乏しい作品となると、
どうしても小説と比べてしまいます。
それでも伝奇は伝奇でも細かく分ければいろいろありますから、
伝奇SF以外なら楽しめたのですけどね。
どうにも伝奇SFだけは駄目だったな~
序盤は鬼だの吸血鬼だの持ち出して、終盤に宇宙とか絡めてくるやつね。
世間で話題になった作品をプレイしても、
どれも『石の血脈』の劣化版にしか見えなくて。
だからどうしても楽しみきれないのです。

ノベルゲー好きにこの小説も読めとかいう行為はあまり好きではないので、
たぶん私は、これまで一度もそういうことは書いたことがないと思います。
でも、もし伝奇好きでこの小説を読んでいないのであれば、
確実に人生を損していると思うんですよね。

石の血脈

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「漫画・小説・ラノベ」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2041-a0e32896
| ホームへ戻る |