『ゆきうた』

『ゆきうた』

『ゆきうた』は2003年にWIN用として、
Surviveから発売されました。

普通の恋愛ゲーがやりたくなって、絵に惹かれてプレイした作品ですね。

ゆきうた

<ストーリー・キャラ>


大雑把に言ってしまうのならば、恋愛ゲーです。
特に珍しい部分もありません。
まぁたまには普通のをと思っていたので、
その点は構わなかったのですけどね。

しかし・・・キャラが全然普通じゃなかったw
これはむしろ音声の問題なのですが、妹の菜乃の声が酷くってね。
ダミ声というか、最初なんだこれって思いましたもん。
とは言え、終盤にはそれが味にさえ感じられて、
これはこれでありなのかなと思えてくるのが凄いところでもありますが。
もっとも、あくまでもマイナスがゼロに戻っただけであり、
大好きなキャラかと聞かれると難しいわけでして。
一部ではテキストが笑えるという話もあるのですが、
終盤まで声に馴染めなかったこともあり、あまり楽しめなかったかな。
まぁ、この辺は肌に合うか否かの個人の好みの問題なのでしょうけどね。

だからそこは構わないし、むしろインパクトのあるキャラがいたということで、
今は好意的に解釈するとしましょう。
そうなると問題はストーリーです。
各ヒロインにトゥルーとバッドの2種がありつつも、
両方の差が分かりにくいキャラもいて、
全く鬱ゲーは受け付けないって人は少し注意が必要なのでしょう。
個人的にはその辺は平気なのですが、
普通すぎてただ単純に物足りなかったかなと。

まぁここまでは良くも悪くも普通にある作品ということで、
許容範囲内なんですけどね。
個別のテキストというか、展開というか、
妙にひっかかる部分が多かったわけでして。
その設定で、その行動を採るの?って違和感が多かったです。
なまじリアル路線っぽく進行しているだけに、
この違和感が一層目立ってしまいます。
ぶっちゃけ、ライターが駄目なんだろうな~
テキスト自体は良さそうだから文才はあるのだとしても、
もっと基本的な部分が駄目なタイプで、年々私が苦手になっていくタイプです。
だから、どうにも浅く見えてしまう。
逆にこれがリアリティなんてクソ食らえって感じのぶっ飛んだ作品ならば、
意外と楽しめたかもしれないんですけどね。

<グラフィック他>


ゲームデザインはノベル系のADVで、移動先を選択するタイプです。

半ば絵買いということで一枚絵は満足したのですが、
立ち絵とかも考慮すると、思ったほどの長所でもなかったのかなと。

<総合>


とにかく食い合わせが悪かった。
部分的には良いと思える部分もあったのですが、
どうにも引っかかる部分が多くて楽しめなかったなと。
少し設定を変えれば化ける可能性は秘めているものの、
この作品に関しては物足りないなと思った方が強くなった作品でしたね。

ランク:D(凡作)

ゆきうた

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2027-3d00af39
| ホームへ戻る |