『鳴門巻秘帖 ~痛快ぎゃぐあばんちゅーる~』

『鳴門巻秘帖 ~痛快ぎゃぐあばんちゅーる~』

『鳴門巻秘帖 ~痛快ぎゃぐあばんちゅーる~』は1990年にPC88用として、
全流通から発売されました。

軽いノリが好きな作品でしたね。

鳴門巻秘帖

<ストーリー>


舞台となるのは時代劇風のパラレルワールド「OYEDO」。
つまり江戸時代をモチーフにした、架空のファンタジー世界になります。

その「OYEDO」にある「よろず探偵社」の署長・志乃と、
所員・暁源之助が主人公になります。
志乃は美人だけれど、男嫌いのレズ。
源之助は剣の腕は一流だけど、ドスケベだったりします。
鳴門巻秘帖02

ある日、1人の黄門様みたいな外見の老人がやってきて、
3日以内に「ふびらい藩」の家老に小箱を届けるよう依頼してきます。
そこから2人の珍道中が始まるのですが・・・というのが大まかなあらすじ。

道中にはワナが待ち構えていたり、様々な障害があります。
もっとも「痛快ぎゃぐあばんちゅーる」とあるように、
シリアスではなくドタバタした軽くてちょっとスケベでお馬鹿なノリになります。

個人的には、このノリはとても好きでしたね。
キャラも可愛かったですし。
鳴門巻秘帖03

<ゲームデザイン>


こういうノリとテンポの良さが大事な作品の場合、
中途半端に複雑なコマンド選択式にしても、
かえってテンポが損なわれ面白くなくなるだけです。

その点、本作は全流通がお得意とするノベルゲーでしたので、
展開の勢いをそのままに楽しむことができました。
具体的にはクリックだけで進行し、たまに画面左上に選択肢が登場します。
鳴門巻秘帖04
まぁ、今なら何でもかんでもノベルゲーで出されますので、
ノベルゲーであることに意味は見出しがたいかもしれません。
しかし当時はコマンド選択式が主流でしたので、
その辺も加味して考えるべきなのでしょう。

因みに、旅でどこを通るかによっても展開がかわってきますので、
マルチストーリーとは言えるのでしょう。
もっともエンディングは複数あるものの、必ずしも内容の伴ったENDというのではなく、
ゲームオーバーが大半だったのかなと。
冒険では常に襲われる危険がありますので、
ゲームオーバーになる箇所は結構あったのかなと思います。
従ってマルチストーリーではあるけれど、
マルチエンドというには少し微妙なところですね。

また、ゲームの難易度そのものは低かったです。
全流通のノベルゲーは幾つもあるのですが、
中にはかなり難しい作品もありましたからね。
全流通は作品によって結構極端なので、非常に難しい作品もあれば、
逆に単なるCG集に近いシンプルすぎるものまであります。
その極端すぎる構造ゆえに常に叩かれやすくもあったのですが、
本作はゲームオーバーの数こそ多いものの、わりとすんなりクリアできますので、
難しくもないけれど適度に遊べる良い感じにまとまったのではないでしょうか。

<総合>


全流通のノベルゲーの中では、バランスも良く完成度も高いと思います。
その観点で語るならば、ブランド内の代表格かもしれません。
しかし、私はあまり完成度を重視しませんからね。
そうなると、特にここがずば抜けているという長所がないので、
私の評価としても点が伸びにくい作品になります。

と言うわけで総合でも良作としておきますが、
そういう基準を抜きに考えれば主観的にはかなり好きな作品だったんですよね。
特に良かったのがキャラなので、
このキャラでもっと他のシナリオも見てみたかったなと。
この1作で終わらせるのは勿体無いなと思った作品でした。

ランク:B-(良作)

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2026-bc666434
| ホームへ戻る |