装甲悪鬼村正

装甲悪鬼村正

『装甲悪鬼村正』は2009年にWIN用として、
ニトロプラスから発売されました。

ジャンルはノベル系のADV。
内容的には熱血路線のバトル物ってところでしょうか。

装甲悪鬼村正 限定生産版

熱い展開が繰り広げられますしその点は良く出来ているので、
バトル物が好きならば、たぶんそれなりには楽しめるのではないかと。

たぶんというのは気がかりな点が2点あるわけでして。
1つ目は、本作はストーリーが非常に長いものの、
そのわりには中身が薄いことです。
テーマ的に善悪相殺を掲げていて、
それこそ勧善懲悪物しか知らなかった人は考えさせられるのかもしれません。
でも、勧善懲悪じゃないゲームなんて今では幾つもあるわけで、
もっとコンパクトでいながらしっかりしたストーリーのものもあります。
それと、思想的な面でちょっと稚拙な感じがしてね。
これ、何でアダルトゲームで出したんだろ?
家庭用ゲーム機で少年向けで出したらうけるのかもしれないけれど、
アダルトゲームでこの内容はちょっときついような気がします。

2つ目は、ライターの性格なのでしょうが、無駄に描写しすぎです。
細かい点まで描写することは、小説では良いことなんですよね。
でもね、これはゲームなんです。
絵で描写したりオマケで後で見られるようにとか手段は幾らでもあるのに、
何でテキスト本文で長々と説明を読まされなければならないのか。
その時点でゲーム作りのセンスを疑いたくなります。

ただね、本作はグラフィックのレベルはかなり高いわけで、
派手にドンパチしてくれれば、
何だかんだでそれなりに楽しめちゃうのです。
ここが見せ場ってところでの演出面は圧巻だっただけに、
テキストのくどさを除けばその部分は単純に良かったと言えるでしょう。

しかし、問題はそれ以外の部分での見せ方にあるわけでして。
本作はワイド画面なのですが、
画面真ん中に縦書きで4行ほどのテキストが表示されます。
立ち絵は左右に表示されるのですが、
これがろくに動きません。
まだそれでもあれば良いほうで、
中には立ち絵すらなく背景に数行のテキストだけで進行します。
なんていうか、とにかく寂しかったですね。
ゲームが画面真ん中の狭い枠だけで進行し、
他の大部分のスペースが死んでる場面が多々ありました。
一体何のためにワイドにして、何のために縦書きにしたのか。
これでは奇をてらっただけと言われても仕方ないでしょう。
見せ場でのエフェクトはよく出来ているのだから、
それをもっと活かして欲しかったです。
せっかく切れる名刀を携えているのに、
その刀を使わず鞘でポカポカと殴り続けている、
そんな印象を抱いたゲームでした。

総じて、作りこみの甘いゲームでしたね。
本作はボリュームは文句なしです。
でも、料理だって材料を揃えたときが一番ボリュームがあるんです。
そこから必要なものを取り出し、
必要な味付けをすることで作品が出来上がるのです。
ストーリーはもっと簡潔にまとめられるし、
画面のレイアウトやエフェクトの使い方も工夫のしようがあったでしょう。
システム周りの微妙な不便さも改良の余地があったでしょうし、
トータルで見ると随所に甘さが見受けられます。
エフェクトの用いられた部分は良かったですが、
グラフィック全体ではプラスとも言い切れませんし、
シナリオのマイナス分がありますので、
全体では凡作といったところでしょうか。
本作は端的に言うと、無駄に長いだけの厨二ゲーになります。
なので私とあまり相性が良くない部分は否定できないのですが、
それを差し引いても作りの甘い作品だなと。
ニトロ10周年の企画で期限もあったのかもしれませんが、
なまじ素材には良いところもあるだけに、
こんな中途半端な作りで出すのは勿体無いなと思った作品でしたね。

ランク:D(凡作)

装甲悪鬼村正 限定生産版

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/202-3e50ff77
| ホームへ戻る |