『StarTRain』

『StarTRain』

『StarTRain』は2006年にWIN用として、
mixed upから発売されました。

いろんな意味で、長いゲームだったような・・・

StarTRain

<概要>


ジャンルはノベル系のADVになります。

商品紹介によると以下の通り。
「甘いだけではなく、辛くもある恋愛をリアルに体験できる純愛AVG。
「優しいだけではない恋愛」をテーマに、出会いの喜びだけでなく、
別れの辛さも描くことによって、登場キャラたちの等身大の魅力に迫っている。
心温まる……でも切ない、そんなありのままの恋の全てが詰まった青春物語を
じっくりと味わってみてはいかが?」

<ストーリー>


本作には長めのプロローグがあり、そこで主人公は失恋します。
失恋から始まる物語ということで、設定自体はありなんだと思います。
テキストも、良く言えば丁寧に書けてるとなりますしね。
だから、好きな人がいるのも分かる気もするのですが、
今回は端的に言えば自分に合わなかったのかなと。

上記のように良く言えばテキストは丁寧となるのでしょうが、とにかく話が進みません。
どうでも良いような部分まで長々書いているので、眠くなってくるのです。
大事な部分をしっかり描くことは大切ですが、
もう少しそうでない部分とのメリハリをつけるべきだったように思います。

エフェクトのもっさり感も相まって、全体的にだるく感じてしまいました。
こういうのは今のエロゲ市場では好まれやすいかもしれないけれど、
単に無駄が多いだけの水増しテキストで、読み物としては本来はむしろ駄目だろうなと。

主人公も引きずりっぱなしで、いつまで経っても成長しないし、
実際にいたらはったおしたくなる感じでして。
一度ウザイと思い始めたら、口調まで嫌になってくるし・・・
実際のボリューム以上に、体感的に妙に長く感じた作品でした。

まぁ、最後のシナリオだけなら良いのですが、
こういう作品でシナリオロックはやめて欲しいなと。
好きなルートだけやって、それで満足できれば良作と考える人もいるのですから。
全ルートを必須にして、他の個別が苦痛だったら減点せざるを得ないですし。

<グラフィック>


首の長さが気になってしまった作品ですね。
長い首の上にちょこんと頭が乗っている感じ。
画面を見ていても、そこにしか目がいかなくなってしまうし。
自分だけかもしれないですけどね。

<総合>


青臭い青春物語で、主人公がヘタレなタイプです。
一時期多かった路線でもあり、それ故に好きな人は好きなのかもしれませんが、
何年か前に流行ったタイプの作品を、単に丁寧に長くしただけって感じでしたね。
シナリオの評判を聞いて、また設定面にも興味を持った作品だったのですが、
シナリオが良いってのは、もっと簡潔にまとまったものじゃないのかなと。
結果的に、個人的にはほとんど楽しめませんでした。
客観的に判断しうる部分で特徴のない、主観面に依存する割合が高い作品だけに、
肌に合わないと、どうしても印象は辛くなってしまいますね。

ランク:E(駄作)

StarTRain

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2010-f6a1ebf1
| ホームへ戻る |