さくらシュトラッセ

さくらシュトラッセ

『さくらシュトラッセ』は2008年にWIN用として、
ぱれっとから発売されました。

ジャンルはノベル系のADVで、内容的には恋愛物になりますね。
まぁ、端的に言えば萌えゲーなんでしょうけれど。

さくらシュトラッセ

萌えゲーはどれも同じに見えるのであまりプレイしない方なのですが、
制作陣が『もしも明日が晴れならば』(もしらば)と一緒なわけで、
それで気になった作品でした。

というのも、私はもしらばの評価自体は低かったのですが、
それは設定と内容とのミスマッチからくるもので、
テキストやキャラ自体はわりと好きだったからです。
これ普通に恋愛物だったら素直に褒められたのにって思いましたし。
なので、本作に興味を持ったわけです。

で、実際の中身なのですが、
相変わらずくすくすさんの絵は可愛いですね。
でも、良くも悪くもそれだけって感じでした。

主人公が痛いってのが一番の致命傷なのかもしれませんが、
全体的にもしらばよりも低調だったように思います。
くすくすさんの絵目当てで買うならそれなりに楽しめるかもしれませんが、
それ以外はありきたりな萌えゲーって感じで、
とても印象の薄い作品でした。

そういうわけですので、総合的には凡作としておきたいと思います。
もしらばの良い面が出ていれば或いは…って期待したのですが、
結果的には悪い面が強調された感じで残念でしたね。
ちょっと軌道修正すれば良い方に行ける可能性もあるだけに、
今後に期待ってところでしょうね。

ランク:D(凡作)

さくらシュトラッセ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |