ミス・モノクローム -The Animation- 2話 感想

ミス・モノクローム -The Animation- 2話 感想

ミス・モノクローム -The Animation- 2話 「HEAVEN」 感想

またも予想外の展開。
こういうネタは本当に凹むから勘弁して欲しいのですが・・・

<2話 あらすじ>


マネオがマネージャーを務めるコンビニで、
ドラマに出たいと言い出すミス・モノクローム。
さっそく営業に向かったマネオが持ち帰ったのは、マネキン役のドラマ出演であった。

ぼろアパートの四畳半の一室に住むモノクロームは、
ロボット掃除機の形をしたルーちゃんに留守番と掃除をまかせて、
ドラマの撮影に出かける。
mimono0200002.jpg

サインの練習で書き損じたわら半紙が散乱する部屋を掃除するルーちゃんであったが、
わら半紙を詰まらせ動かなくなってしまう。
mimono0200004.jpg

ドラマの撮影から帰宅したモノクロームは、
出演料でアルカリの単3電池を買ったことなどをルーちゃんに報告するが返事がない。
わら半紙を詰まらせ、充電器まで脚が届かず冷たくなっていたルーちゃんを抱きかかえ、
別れを告げるモノクローム。
モノクロームは初めて哀しみを知るのだった。
mimono0200007.jpg

<感想>


サブタイトルと公式のあらすじで、もうほとんど説明終了というのが何ともw

アルカリ電池で恍惚の表情を浮かべるモノクローム。
アルカリはそんなに違うのかw
mimono0200005.jpg
mimono0200006.jpg

動かなくなったルーちゃんは、充電させられるのではなく、
埋められてしまいました。
いや、そうくるとは思わなかったですよ。
mimono0200008.jpg

少ない登場キャラが、増えるどころか減っているのだけれど、
今後どうなるんだろう、これ。
短いので書くこともないけれど、中毒性のあるEDと共に楽しみになっています。

<キルラキル>


ついでに、今期のアニメについて。
思ったより楽しめていない作品が多いのですが、
1話で予想外に楽しめたのが『キルラキル』。
激しく昭和な雰囲気ですので、人によっては懐かしく、
人によっては逆に新鮮に感じられるのかも。
個人的には懐かしく感じたクチですが、
懐かしさは感じたし、久しぶりな雰囲気だったので1話は楽しめたのですが、
根本的にそれほど好きな路線でもないんですよね。
だから途中で飽きてしまうのかなとも思うものの、
私個人の好みは関係なしに、たまにはこういう路線があっても良いと思うわけで、
多様性という観点からも望ましいなと思いますね。

関連するタグ ミス・モノクローム /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「アニメ」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/2001-c6bd10a5

「ミス・モノクローム」は必ず何かを失う物語なのか?

ミス・モノクローム -The Animation- 第2話「HEAVEN」

ミス・モノクローム 第2話「HEAVEN」

ミス・モノクローム-The Animation- 第2話 HEAVEN 孤高感想

ミス・モノクローム -The Animation- 第2話 HEAVEN

ミス・モノクローム 第2話感想

ミス・モノクローム -The Animation- 第2話 『HEAVEN』 マネオマネージャー超やり手。

2013年10月第二週のアニメ(ミス・モノクローム)

| ホームへ戻る |