最後に奏でる狂想曲

最後に奏でる狂想曲

『最後に奏でる狂想曲』は2001年にWIN用として、
たっちーから発売されました。

絶叫系の鬼畜ゲーとして、非常に話題性の高い作品でしたね。

最後に奏でる狂想曲

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

あらすじ・・・
主人公『神条 真人(かみじょう まこと)』は、祖父の遺言により、
突然『聖フォード女学院』の理事長に指名された。
真人はまだ若く、勉学にいそしむ優等生であり、
人当たりもいい普通の青年であった。
だが今は…その一見気弱げにも見えるその温和な顔とは裏腹に、
その心には過去に起きたとある事件により、人知れぬ狂気が巣くっていた。
"一年前、何者かに殺された妹。その妹の死が、真人の心を駆りたてる。"
時折襲ってくる、言い知れぬ渇望。人間への不信感。
発狂しそうなほど理性を突き崩そうとする黒い欲望…。
そして偶然手にした一枚の楽譜が、その欲望をさらに激しく猛り狂わせる。
真人は、この学院に、自分を深い絶望の中へと叩き落した事件に
深く関わる女がこの学院にいる事を知った。
それを知った時、真人の胸の内に浮かんだ言葉は一言…
復讐』の二文字だった。優等生の仮面の裏に秘められた狂気の顔……。
目的の相手を見つけるため、次々と真人の手に落ちて行く女達……。
どうして妹は殺されたのか?
事件の真相に近づくたびに、手元に集まる引き裂かれた楽譜……。
名も知らぬ旋律が、真人の記憶の中を流れる。
果して復讐は遂げられるのか?
そして引き裂かれた曲が奏でる真実とは?それとも……。

<感想>


このゲームの存在を知ったのは、
確か当時の鬼畜スレだったように思います。
少しずつ有名になっていって、
それに伴って中古価格も高騰していった作品でした。

ゲームは基本的に、ヒロインらを陵辱し調教するゲームになります。
調教物のADV自体は特に珍しいものでもないのでしょうが、
そういうゲームは通常エロ目的だったり、
ヒロインの堕ちる過程を楽しむものです。

でも、本作はそこに本質があるわけではないんですよね。
殴る、縛る、打つ…そういう行為によって、
女の子をひたすら痛めつける。
そして女の子のあげる悲鳴や絶叫を楽しむ。
まさに、鬼畜ゲームと呼ぶに相応しい作りとなっています。

当時こういう方面にここまで徹したゲームってなかったわけでして。
それだけに、余計にも新鮮に感じられたわけです。
人によっては、こういうのはかなりきついでしょうね。
自分がプレイするのはまだしも、とても人にはすすめられませんよ。
ただ、意外と勘違いしちゃいそうなのですが、
痛めつける方面に特化しているので、
逆にあまりエロさは感じられなかったりします。
ここは好み次第になってしまうのですが、
私は堕ちていく過程やエロイ描写は大好きでも、
痛める行為や絶叫とかにはあまりひかれないようです。
なので、そんなに良い物とも思えませんでした。

それと、絶叫・鬼畜行為が他にないってだけで、
基本的なゲームそのものはあまり良い出来でもありません。
評判だけ聞いてゲーム自体が優れていると勘違いすると、
少し物足りなく感じるかもしれませんね。

ゲームとしては凡作程度かなと思いますし、
属性の異なる私はあまり楽しんだとは言えないのですが、
このゲームが後に与えた影響を考慮して佳作としておきます。

合う合わないがハッキリ分かれるゲームですので、
属性が合わなければスルーすべきゲームと言えるでしょうね。
逆に属性のある人は、この手のジャンルでは必ず名前の出てくる作品ですし、
一度はプレイするに値する作品かと思いますね。

ランク:C(佳作)

最後に奏でる狂想曲

CDソフト最後に奏でる狂想曲

DL版
最後に奏でる狂想曲

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/20-19cbbc53
| ホームへ戻る |