『巨乳熟女教師 ~不良にヤられたアラフォー母と学園のアイドル~』

『巨乳熟女教師 ~不良にヤられたアラフォー母と学園のアイドル~』

『巨乳熟女教師 ~不良にヤられたアラフォー母と学園のアイドル~』は、
2013年にWIN用として、エレクトリップから発売されました。

ちょっと風変わりな熟女陵辱ものってところでしょうか。

巨乳熟女教師dl

<概要>


ジャンルはノベル系のADV。商品紹介は以下の通り。

厳格な女教師として教鞭を振るう冴子。
その娘、皆に愛される学園のアイドルの雪奈。
そんな母娘に目をつけた不良のシンは、卑劣な罠を張り巡らし、獣欲の限りを尽くす。
砕かれる愛情、壊れゆく絆。
そして学び舎は、欲望に満ちた檻と化す!

<ストーリー>


アラフォーの熟女と、学園のアイドルでもある娘。
まぁ普通なら学園のアイドルの方がメインヒロインにされそうなものですが、
一応本作のメインヒロインは母親であるアラフォーの熟女の方です。
もっとも基本的には不良がヒロインらを脅して陵辱してしまう類の作品であり、
シチュの中には親子丼も多いです。
従って、どっちがメインでどっちがサブかとか、あまり関係ないかもしれません。
とは言うものの、娘の方はメインでもないこともあって、簡単に堕ちてしまいます。
まぁ母娘が互いに心配しあって、ずぶずぶと沈んでいく感じですね。

たぶん、何も知らないで本作をプレイすると、ちょっと風変わりなところがあるけれど、
堕ちるのが早めの典型的かつ平凡な抜きゲーにしか思わないでしょう。

ただ、ライターがHAINさんであり、
この人はメタネタとか、いろいろ仕掛けるのが好きな人なんですよね。
ライターのファンであれば、そこからいろいろ考察したり発展して考えるでしょうから、
楽しめる確率は高まるのでしょう。
ファンでなくても、ライターの過去作をプレイ済みであれば、
その違いを感じ取りやすいと思います。

もっとも今回は過去作のように直接的に仕向けた作品ではないために、
ライターの過去作をプレイしていない人には、
ちょっとした違和感とか、風変わりな印象しか残らないのでしょうけれど。
そういう意味では、もちろん単純に熟女好きが抜き目的でも構わないのですが、
本当に楽しみたいのであれば、ライターの過去作をプレイした方が良いのかなと。
まぁ私はライターのファンというわけでもないので、
過去作を知っていてもあまりプラスに作用するとか、そういうのはないですけどね。
単に抜きだけでなくシナリオも求めたいのならば、過去作もプレイした方が良い、
逆に純粋に抜きだけを求めるなら、むしろ過去作は知らない方が良いかもしれない、
というような作品なのです。

<ゲームデザイン>


上記のように、ジャンルはノベル系のADVです。

選択肢もなく、完全に一本道です。
セーブ機能もないのですが、
細かくチャートで表示され、そこから見たい部分に飛べますので、
実質的には不自由さはないと言えるでしょう。

<グラフィック>


原画自体は、特に熟女の方がわりと好きなのですが、
CG自体は25枚であり、価格から考えれば少なめになるでしょうか。

シーンとしては親子丼であるとか、皆が見ている前でのHとかが多かったかと。
あっさり堕ちてしまうだけに、逆に堕ちきったシーンが多いので、
学園のヒロインやお堅い熟女のグダグダな姿が好きな人ほど楽しめるのかなと。

<総合>


表向きのシナリオは平凡で、CGも少なく、ゲーム性も低いということで、
基本的には凡作としておきます。

ただ、ちょっと毛色の異なる作品ではありますので、
ライターのファンなら上積みもあるでしょうし、
それならば結構楽しめるように思いますね。

個人的にはあえてやる必要もなかったかなという作品ですが、
こういう作品が好きな人もいるだろうなとも思います。
いかにも抜きゲーっぽいので、抜きゲーを求める人が注目しやすいのでしょうが、
このライターを好む層は抜きゲーを好む層とは異なると思うのですよ。
単なる陵辱だけでなく、そこにプラスアルファが欲しい人ならば、
そして特にメタ的視点とかが好きな人ならば、
このライターの作品を試してみるのも良いように思いますね。
そういう意味では、私の個人的感想は抜きにして、
一般的には一度は試してみる価値のあるライターではあると思います。

まだ過去作の感想を掲載しておらず、ちょっと掲載順を間違ったようにも思いますが、
もしシナリオ性も求めるなら、本作ではなくライターの過去作をオススメします。
逆に、ライターの過去作をやって、
抜きゲーにいらんもんを混ぜるなと失敗した気になった方ならば、
新しい作品ほど癖が抜けてきているので本作のような新しい作品の方をオススメします。

ランク:D(凡作)

巨乳熟女教師dl

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2013」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1993-2a3e8715
| ホームへ戻る |