『Samorost2』

『Samorost2』

『Samorost2』は2005年にWIN用として、
Amanita Designから発売されました。

ブラウザゲームとして世界中で好評を博した、『Samorost』の続編になります。

samorost2

<概要>


2とありますが、本作からのプレイで全く問題ありません。

前作の『Samorost』(2003)はブラウザゲームでした。
ADVであるものの、秀逸な世界観を有しつつ、
全てグラフィックとサウンドのみで表現する言語不問の構造から、
世界中で人気を得ました。
日本でも、当時ブラウザゲームとADVの両方に興味のあった人ならば、
知らない人はいないくらい有名だったのではないでしょうか。

その続編である本作は、チャプター1が前作同様のフリーのブラウザゲームであり、
チャプター2がシェアウェアとなる変則的な構造でした。

まぁ、体験版と本編と考えれば、特に変わっているのでもないかもしれません。
しかしゲームの前半半分がフリーであり、フリー部分の量が多いことから、
かえって特殊な印象にさせた感じですね。

<ゲームデザイン>


ジャンルはポイント&クリック式のADVであり、
マウスで画面をクリックするだけで進行していきます。

上記のように言葉はなく、全てグラフィック上でのキャラの動きと、
サウンドで表現されます。

知名度の高さという観点からは、やっぱり言語不問である点と、
ゲームの半分がフリーである点は非常に大きいように思います。

確かに2003年時点における『Samorost』は衝撃的でしたし、
ブラウザゲームでここまで出来るのかと、個人的にも感動したものです。

しかし本作が出る2005年までの間にも、この手のジャンルは成長しているわけでして。
周りの成長ほどには、本作の進化は少なかったのかなと。
『Machinarium』や『Botanicula』になればゲームとして進化していますが、
本作はあくまでもブラウザゲームの延長上であり、
シェアウェアとしての価値がどれほどあったのかという疑問は残りました。

特に、チャプター2の分量は特に多いわけでもないですし、
謎解きも個人的にはチャプター1の方が楽しめたこともあり、
これだったらフリー部分だけでも十分だったなと思ってしまいます。

<世界観>


ストーリーそのものは極めてシンプルであり、
宇宙人に連れ去られたペットの犬を助けに行くというものです。

ストーリーというよりも世界観を堪能する類の作品であり、
世界観も前作と近いものになっています。
前作のファンで前作のような雰囲気をもう一度と考える人ならば、
おそらく本作も楽しめるでしょう。

個人的には新鮮さが薄れたという印象の方が強くなってしまい、
もう少し変化があった方が望ましいのですが、
まぁこれは好みの問題でしょうね。

<総合>


前作は衝撃的な作品でしたし、フリーのブラウザゲームとしては、
文句なしの名作だったでしょう。

後は考え方次第なのですが、その前作の傾向を踏襲し、
全体的にグレードアップしてきた本作。
前作を上回ったのだから当然名作だろと考えるのもありでしょう。

しかし前作はとにかく欠点よりもインパクトが上回っていたところ、
本作は欠点は減ったものの、インパクトは格段に減ったのであり、
個人的には楽しめはしたものの、あまり印象に残らない作品でもありました。

ランク:C(佳作)

関連するタグ WIN /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1992-9e7f403a
| ホームへ戻る |