キラークイーン

キラークイーン

『キラークイーン』は2006年にWIN用の同人ゲームとして、
FLATから発売されました。

同人ゲーで評判が良かったので気になったのですが・・・
ジャンル:ノベル系ADV

ジャンルはノベル系のADVになります。
もっとも選択肢は一切ないので、完全に読むだけのゲームですね。
シナリオは2本用意されていて、
1つ目をクリアできるともう一つが追加されます。

設定的には「バトルロワイヤル」に近いわけでして、
あれを同人ゲームでやってみたらって感じですね。
序盤は緊張感があって良さそうな雰囲気を漂わすのですが、
プレイするに従い次第にグダグダになっていきます。
終始主人公の都合の良いように物語が進行し、
ご都合主義だらけで萎える展開が多いですし、
ラストも中途半端です。
ストーリーが長所と聞いたはずなのですが、
良くなかったですね。

そもそも何を考えてこれを作ったんでしょう?
バトルロワイヤルに似た設定であっても、
女性がいれば当然Hな展開も予想されるでしょう。
小説や映画じゃ表現しきれないだろうから、
同人でおもいっきり濃く、
エロスやバイオレンスを追求してしてみたってなら分かります。
でも、本作にそうした要素は全くないわけで、
どうにも生ぬるい作品に見えてしまいました。

小説や映画は見てるだけにすぎず、
傍観者である視聴者には伝わる緊張感にも限界があります。
だからゲームにすることで、
緊張感を増そうとしたというのでも分かります。
でも、本作はノベルゲームですし、
その中でも選択しすらない完全に読むだけの作品になっています。
こういう設定こそ『遺作』や『慟哭』みたいなシステムにすれば、
面白いゲームにもなりえたんでしょうに。

エロくもない、狂気分も足りない、ゲーム性もない、
ストーリーに独自の良さもない。
部分的なテキストでは良い面もあるのですが、
とにかく何がしたいのかさっぱりなゲームでした。
序盤はまだ楽しめたし原画も比較的好みだし、
何より同人で価格がかなり安いこともあり、
総合では駄作ではなく凡作としておきますが、
評判のわりには完全に期待はずれなゲームでした。

ランク:D-(凡作)

キラークイーン


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |