『笑わないエリカ』

『笑わないエリカ』

『笑わないエリカ』は2001年にWIN用として、
ペンギンワークスから発売されました。

美水かがみさんが原画に参加していることで有名な作品ですね。

笑わないエリカ

<概要>


商品紹介は以下の通りです。
主人公の最愛の妹エリカが心臓病のため死去した。
それから一年、主人公は何事もやる気が起こらなかった。
ふとしたことから家庭教師のアルバイトを始めた主人公は、
徐々に自分を取り戻していった。
しかし、ある時、エリカとうり二つの娘に出会い、
この娘に拒絶されたことから精紳が再び不安定になってしまった。
そして、そんな心の隙間を突かれ、別の人格が現れ始めた。
主人公は果たして本来の自分を取り戻せるのだろうか。

<概要>


上記の説明を補足しますと、
病弱な義妹とHしたらショックで死んでしまい、
主人公は心に傷を負ってしまいます(←そりゃそうだろうなぁ)。
で、家庭教師の教え子らとの交流をきっかけに、自分探しを始めると。
今、自分探しのゲームなんて出したら、いろいろ言われそうですけどね。
2001年発売なので、全く問題はなし。

この頃の悪く言えばテンプレな傾向であり、良く言えば流行路線、
或いは後に流行する路線をそれとなく押さえているのかなと。
つまり、「ロリ」なヒロインが登場し、「ファンタジー」要素も交えつつ、
「ヘタレ」な主人公が交流を通して「成長」(?)する物語です。
ただ、何分にも非常に短い作品ですので、仮にテキストが肌に合ったとしても、
同系統の他作品より見劣りしてしまうのは仕方ないでしょう。

私は絵に惹かれたのですが、ウリは絵であり、
あまり期待しない方が良いのかなと思います。
まぁプレイ時間が短いので、逆にだれたり苦痛に感じることも少ないでしょう。
そういう意味では、絵は好きだけどテキストが合わなくてギブアップ・・・
ということもなくクリアできるできるのがせめてもの救いか。

<ゲームデザイン>


基本的にはノベル系のADVと考えて良いでしょう。
主人公には2種類のパラメーターがあり、選択肢により変動します。
これによりルートが決まるのですが、
フラグを可視化したようなものですからADVと言えるのでしょう。

問題なのは細かいシステム面で、操作性はかなり悪かったです。
私はあまり気にしない方ですが、こだわる人には辛かったでしょうね。

<グラフィック>


というわけで、ストーリーは短くシステムも悪い本作ですが、
唯一ウリがあるとすればグラフィックなのでしょう。
ロリで可愛い絵柄に私も惹かれたわけですしね。

本作には原画が3人おり、その一人が「水奈つかさ」さんです。
水奈つかささんは「美水かがみ」さんのことでもあり、
つまりは『らきすた』の作者ですよね。
今となっては、あの『らきすた』の作者がかかわっていたという、
その資料的価値が一番大きいのかもしれません。

本作に関して言うならば、原画のキャラの可愛さだけでなく、
エロにもインパクトがありましたね。
Hしてたら最後で血飛沫をあげて絶命するので、
人によってはトラウマになりかねないですが、
とりあえずインパクトはありましたw

<総合>


見所もあったのですが、それ以上に基礎となるシナリオ・システムが悪く、
一般にはオススメできない作品なのでしょうね。
前年に『Rumble』で人気も出始めていたブランドでしたが、
ちょっと残念な出来でした。
まぁ資料的価値はずっとなくならないので、
興味のある人はどうぞって作品でしょうね。

ランク:D(凡作)

笑わないエリカ

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1981-87a31554
| ホームへ戻る |