『チキチキマシン猛レース ケンケンとブラック魔王のイジワル大作戦』

『チキチキマシン猛レース ケンケンとブラック魔王のイジワル大作戦』

『チキチキマシン猛レース ケンケンとブラック魔王のイジワル大作戦』は、
1994年に3DO用として、フューチャー・パイレーツから発売されました。

3DOのローンチタイトルの1つになります。

チキチキマシン猛レース

<概要>


「チキチキマシン猛レース」をゲーム化したものと言っても、
まだ通じるのでしょうか。
元々は1968年から放送されたアニメ番組で、日本でも1970年に放送されています。
その後も何度も再放送されていますし、
「カートゥーン ネットワーク」でしょっちゅうやっています。
なので、リアルタイムで見てた人は少ないにしても、
何らかの形で知っている人も多いかもしれません。

「レース」とあるのでレースゲームっぽく思いがちですが、
ジャンルとしてはインタラクティブムービーになります。

<購入動機>


1994年の32ビット機の登場時には、PS、SS、PC-FXに3DOと、
非常に多くのハードが発売され、まずどのハードを買うかが最大の問題でした。
いや、結局私は全部持っているのですが、
それにしたって最初から全部ってわけにはいきませんからね。
私の場合はPSが最初で、その後にお金が貯まり次第、1つずつって感じでしたし。

3DOはローンチで『山村美紗サスペンス 京都蔵馬山荘殺人事件』があり、
同年に『西村京太郎トラベルミステリー 悪逆の季節』もあり、
欲しいADVが幾つかあったのですが、
この2作は定価が12800円もしたので、ちょっと躊躇してしまったのです。
SFCのゲームなら定価が高くてもかなり割引されていましたが、
それもありませんでしたしね。
それで3DOに手を出すのが遅れたのですが、
やって良かったと心底思える作品も幾つかありましたね。

もっとも、究極的には『悪逆の季節』がやりたくて買った機種なので、
情報には疎かったです。
それで、店で店員さんに話をふったのですよ。
最近3DO買って楽しんでいるのだけれど、他に良いのないかな~って。
そしたら、思いのほか食いついてきまして。
3DO良いですよね~僕も好きですよ、
特に『チキチキマシン猛レース』なんて最高ですよね~と。
盛り上がったのは良かったのだけれど、
『チキチキマシン猛レース』を真っ先にすすめられたのは意外でしたね。
でも、せっかくだしなということで購入した作品でした。

<感想>


ゲームは単純です。
レースで誰のマシンが勝つかを予想し、後はそれを見るだけ。
ギャンブルゲーとも言えますが、ほとんど当たらないし、
予想の的中を楽しむ作品ではなく、レースムービーを見て楽しむ作品でした。
だからインタラクティブムービーになるのでしょう。

ゲームとしては、そもそもこれがゲームなのかというほどのレベルですし、
ほとんど期待できないです。
しかしムービーは全面3DCG描画で見応えはありましたし、
日本語吹き替え声優によるフルボイスであるとか、
ファンには嬉しい仕様になっていました。
操作性の悪さなど難点もありましたが、
レース風景を何度も見るのは素直に楽しかったですね。

<総合>


ハードの方向性を占うローンチタイトル。
何でこれをあえてローンチタイトルにしたのか。
そして数あるゲームの中で、店員は何故これを一押ししてきたのか。
いまだに謎な部分はありますが、
3DOの良い部分も悪い部分も凝縮した作品ではあったのかなと。

私はそもそも原作に全く思い入れがないので、
一応単純なゲームの評価として佳作としておきます。
もっとも声優陣などはアニメ版と同じですし、
何回か見たアニメの雰囲気は上手くゲーム化できていると思いました。
だからファンならもっと楽しめたかもしれないし、
はまる人がはまるだけの魅力は兼ね備えた作品でもありましたね。

ランク:C-(佳作)

チキチキマシン猛レース

関連するタグ 3DO /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1979-6ca0ba9f
| ホームへ戻る |