『エンジェルアーミー』

『エンジェルアーミー』

『エンジェルアーミー』は1993年にPC98用として、
イリュージョンから発売されました。

美少女版「大戦略」みたいな感じのゲームになります。

エンジェルアーミー

<概要>


正式には『エンジェル☆アーミー』と、星マークが入ります。

ジャンルは戦略SLG。
ターン性で進行し、64X64ヘックスのマップで戦うことになります。

シナリオは全部で10本。
それぞれが1つの実在する国をもとにした内容となっています。
そして勝てば、その国の女の子のCGが見られます。

モードとしては1本のシナリオを選んで遊ぶ「ショートシナリオ」、
10本全てを順にクリアしていく「キャンペーン」、
プレイヤー同士で戦う「対戦」の3種類があります。

「キャンペーン」をクリアすればエンディングが見られます。

<感想>


私の個人的な意欲の関係でADVを扱うことが多いのですが、
PC98時代のアダルトゲームにもSLGは幾つもあり、
その中でも名作と語り継がれる作品も何作もあります。

もっとも、それら名作、或いは今日でも語られやすい作品の多くは、
ストーリーであったり、キャラであったり、CGであったり、
ゲーム性と異なる部分での評価で名が残っているように思います。

もっと言うならば、有名なブランドが出したから、それで売れて知名度が高いとか。
当時のプレイヤーなら何で名作扱いされたか、きちんと把握しているんでしょうけどね。
こういうのって、次第に名前だけが残っていきます。
だから名作と言われた作品に含まれている全ての要素が、
名が残らなかった作品よりも優れているのだと、勘違いされやすいわけですね。

だから、例えばキャラの良さで名作と語られたSLGをプレイして、
当時はこの程度のゲーム性で名作なんて言われたの?というような
勘違いも出てきてしまいますし、実際に何度も見かけています。

つまり、ストーリーもキャラもエロもブランドの知名度も弱かったから、
今日には名が残りにくいのだけれど、
ゲーム性だけなら名作とか言われているSLGより上だってのもあるわけですね。

抽象的な前置きが長くなってしまいましたが、
『エンジェルアーミー』は3Dで有名になる前のイリュージョンの作品です。
純粋なSLGなので、ストーリー性もキャラも弱いです。
CGは結構綺麗だしキャラの絵も可愛いと思うのですが、エロさは全くありません。
エロ目的というならば、ちょっと厳しいのでしょう。

エロCGはスクロールしますので、人によっては魅力になるのでしょうが、
私は結局良さがあまり分からなかったですね。
しかしSLGとしてのゲーム性に限ってみるならば、
おそらく当時のアダルトゲームの中でも屈指の出来だったのではないかなと。

っていうか、戦力的な均衡とか、条件が平等なSLGというのが、
それまではほとんどなかったように思います。
従って、ようやく本格的と言えるようなSLGが出てきたって感じでしょうか。

近年は本当にアダルトゲームしかしないような人、
或いはアダルトゲーム内でしか比較しないような人も増えていますので、
純粋にアダルトゲーム内のゲーム部分だけを見て、
名作か否かを考える人もいるのでしょう。
そういう視点でこの当時のゲームを考えるならば、
本作は名作と言われていたかもしれません。
今で言うならば、エウシュリーのSLGが近いですかね。

しかし当時の大抵のユーザーは、
おそらく一般PCゲーのSLGもプレイしていたと思うんですよね。
私も今では息抜きにアダルトゲームばっかですが、
昔はハードゲーマーで一般もののSLGも一杯やっていましたし。
だからストーリーもキャラもエロも弱く、ゲーム性だけが取り得なのであれば、
それこそ本家『大戦略』でもプレイした方が良いって人が多かったのかなと。
私は基本的にずっとそういう考えなので、
今でもエロを活かしたゲーム性でないのならば、
洋ゲーでもやった方が良いと考えてしまうのですけれどね。
そういう考えだと、本作のような作品は目立たなくなってしまうわけです。

なので、個人的には良作って作品なのですが、
どこを重視するのか次第で名作と言われるのも分かるような、
そんな作品だったように思いますね。

ランク:B-(良作)

エンジェルアーミー

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1975-523dbde6
| ホームへ戻る |