『とある魔術で学園天国』

『とある魔術で学園天国』

『とある魔術で学園天国』は2012年にWIN用として、
ドリルから発売されました。

『とある魔術の○書目録』『とある○学の超電磁砲』をもとにした、
ヒロイン20人全編フルボイス&Hシーンフルアニメで送る学園ADVということで、
そのボリュームが気になった作品でした。

とある魔術で学園天国

<概要>


商品紹介は以下の通り。
・ヒロイン20人全編フルボイス

・淫語ボイス17万文字以上 9時間OVER
Hシーンだけで9時間を超えるボイス量
嫌がりながらも身を任せてしまう乙女チックなノーマルHと、
過激で卑猥な淫語ボイスを連発する媚薬Hの2パターンのHシナリオ

・Hシーンフルアニメ 動画総数450個OVER
ループ動画350個+口パク動画100個以上

・選択肢色々自由度の高いマルチなHシステム
話す、脱がす、触る、舐めるはもちろん、言わせる、イカせる、半脱ぎ、媚薬投入など、
多くの選択肢が選べます。
半脱ぎ&挿入&射精、裸&媚薬&フェラなど、
フルアニメの女の子をあなたの思うまま自由自在に弄ることができます。

・淫語ワードで女の子と楽しむ
女の子1人につき最大32種類の淫語ワードを言わせることができます。
ロリっ娘にどエロな単語を言わせてみたり、お姉さんに可愛くおねだりさせてみたり、
楽しみ方はあなた次第

・史上初!?20人同時進行H可能
女の子を全員攻略すると『LV5モード』が発動できるようになります。
LV5モードでは20人の女の子達と同時進行でHすることができるようになり、
Hシーンの自由度が格段に跳ね上がります!

・3種類のゲームシステム
ノベル形式でテンポよく進むシナリオパート、
ターゲットの条件を満たしながらじっくりと攻略していく攻略パート、
シミュレーション形式で女の子を思うがまま弄れるHパートで構成される
3段階のゲームシステム!

<感想>


二次創作の場合、キャラ人気に頼って中身がスカスカなケースも多いのですが、
流石にこの分量を書かれますと、どんな出来なのか気になってしまいます。

まず凄いのが、これだけの分量でありながら、
キャラがオリジナルにかなり似ていることですね。
Hシーンは立ち絵ほどではないように思うのですが、
全体的にこれだけ似ていれば文句なしでしょう。

音声も流石にオリジナルの人は使えませんし、中には微妙な人もいたのですが、
わりと特徴を掴んでいる人も多かったのかなと。
声にこだわる人にはどうか分からないのですが、大雑把な私は特に不満はなかったです。

ジャンルは基本的にノベル系のADVになります。
あるキャラを攻略するには他のキャラも進行させる必要があったりと、
マルチフラグな構成になっています。
しかもキャラは20人と非常に多くなっていますので、やり応えも結構ありました。
最近はこういう構造のアダルトゲームも減っているだけに、
本作が完全オリジナルのキャラであったとしても、
私は十分に楽しめたように思いますね。

システム面のもう1つが、Hパートです。
シミュレーション形式と書いてありますが、SLGではないですね。
SLGと思ってプレイすると、ガッカリするでしょう。
様々なコマンドを試す、コマンド選択式ADVと言う方が適していると思います。

Hシーンはとにかくボリュームがありますので、
同人にありがちなボリューム面での不満はないと思います。
ただ、シチュ的にどれも似たような感じですので、
複数のキャラを攻略しているうちに飽きてしまう可能性はあります。
好きなキャラが脱ぐというキャラ重視の人なら楽しめると思うものの、
逆にシチュ重視のような人には合わない可能性が大きいでしょう。
まぁ、この価格でこのボリュームですから、
良い部分もあれば物足りない部分があるのも仕方ないのでしょうけどね。

過度に期待しすぎると少し肩透かしに思うかもしれませんが、
通常時1890円という価格からすれば、コスパ的にも十分過ぎるでしょう。
二次創作ではあるものの、これがオリジナルキャラだったとしても、
また原作を知らなかったとしても、十分良作扱いで構わないように思います。

これで採算合うのかなと心配になってしまいますが、
このボリュームならオリジナルでも付いて行くファンもいると思うので、
今後にも期待したいですね。

ランク:B(良作)

とある魔術で学園天国

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2012」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1973-e630945c
| ホームへ戻る |