『プリンセスうぃっちぃず』

『プリンセスうぃっちぃず』

『プリンセスうぃっちぃず』は2005年にWIN用として、
ぱじゃまソフトから発売されました。

細かいことは関係なしに、ただ単純に楽しかったですね。

プリンセスうぃっちぃず

<概要>


学園を舞台にした、いわゆる魔法少女ないし魔女っ娘もの。
スラップスティックな展開をベースにした、
萌えエロ系の作品ってところでしょうか。

<グラフィック・サウンド>


ゼロ年代に入った辺りからの萌え絵が好きではない、
というより好きだったけれど、どれも同じように見えて飽きてしまい、
それで魅力を感じられなくなった私は、
ゲーム自体も散々プレイして萌え系に飽きたこともあり、あまりプレイしなくなったんですね。

そんな私がプレイする理由は簡単で、技術の進化を感じたいときです。
マイナーな陵辱系よりも大手の萌え作品の方が技術が進んでいますので、
陵辱系ばかりやっているとエフェクトの進化とかの流れから遅れてしまいます。
だからたまにはって思うんですね。

また、演出面が優れた作品はそうでない他の萌え作品より表現の幅が増えていますので、
新鮮に感じられる可能性も高くなります。
そんな私にとっては、本作のような存在は注目せざるを得ないのです。

原画はかんなぎれいさんで、ファンも多いと思います。
私も可愛いなとは思うのですが、それほど強烈に惹かれるわけでもありません。
でも、本作はエフェクトが派手で、とにかくバタバタと動いているんですね。
これは理屈抜きに楽しかったわけでして。
演出面に関しては2005年でも最高クラスでしょう。
これだけでも、やって良かったなと思えてきます。

<ゲームデザイン>


ジャンルは基本的にはノベル系のADVなのですが、
時々カードバトルが登場します。

単独で凄いというものでもないですが、
小説でなくゲームなんだから単にノベルでなく何か加えろという持論の私には、
こういう要素は良かったですね。
ある種のイベント的なものでもあり、緩急もつけられますし。
長所とまでは言えないでしょうが、普通のノベルよりは楽しめました。

<ストーリー>


キャラは立っていますし、ドタバタしたコメディ部分は非常に楽しめました。
問題はシリアス部分であり、少し物足りなかったのかなと。
アニメなんかでもシリアスいらねとか言うと萌え豚扱いされかねないですが、
私は中途半端なシリアスなら萌えだけで十分って思っちゃいますからね。
ノベルゲーの萌え作品の型にはまった感が嫌いなだけで、
萌え作品自体は結構好きでアニメも良く見ますからね。
いっそのこと軽い展開で突き抜けてくれれば、そっちの方が楽しめたと思います。

<総合>


全体としてはただ単純に楽しかったです。
前半のノリで突き抜けてくれれば名作扱いしていたかもしれません。

ぱじゃまソフトは少しずつ伸びていって、
この作品頃には凄く勢いがあったのですけどね。
結局これが一番の代表作で終わった感じですね。
一番のピークの時の作品であり、
個人的にもこのブランドで最も好きな作品でした。

ランク:B-(良作)

プリンセスうぃっちぃず

ダウンロード版
プリンセスうぃっちぃずEXCELLENT

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1968-e5c29779
| ホームへ戻る |