『自宅警備員』

『自宅警備員』

『自宅警備員』は2013年にWIN用として、
ベルゼブブから発売されました。

同人の中でかなりヒットしている盗撮ゲーになります。

自宅警備員

<概要>


商品紹介によると以下の通り。
「自宅の平穏を守るため、リビング、台所、脱衣所、トイレなど、
あらゆる地点に監視機器(デジカメ・ビデオカメラ・盗聴器)を仕掛け、
義理の妹姉妹たちの弱みをにぎり、
凌辱しまくる盗撮シミュレーションゲーム。」

<ゲームデザイン>


盗撮SLGとあるのですが、これはADVになるのでしょうね。
デジカメやビデオカメラなどの機器を設置し、
録画時間にヒロインが入れば盗撮できるタイプです。

特に目新しい部分もないのですが、
結構細かいので難易度は高めかと。
雰囲気的には『臭作』よりも『股人タクシー』に近いのかな。
古典的名作より複雑にして難易度上昇も図ったのだけれど、
それが面白さにつながっていない類の作品です。

また盗撮は陵辱の手段であり目的ではないので、
盗撮ゲー好きでほとんどの盗撮ゲーをやったような人だと、
物足りなさの方が目立ってしまうかもしれませんね。
個人的には決して悪くはないと思うものの、
これなら過去のフルプライスの盗撮ゲーで構わないという気もしますし、
満足度はあまり高くありませんでした。

本作の特徴としては3D移動が挙げられるのでしょうが、
これは人それぞれでしょうね。
建物の内部を把握できて良いという人もいるでしょうが、
何本もそういうのがあると、今度は逆に鬱陶しく感じられますし。
基本的にゲームに慣れていない人の方が好む要素だと思うので、
初心者向けのエロゲに入れるのはありかもしれませんけどね。
マニアックな人が多い同人ゲーで導入することが望ましいのか、
個人的にはちょっと疑問に感じてしまいます。
ここに力を入れるくらいなら、もっと盗撮部分に力を入れて欲しいですし。

<総合>


同系統の作品と比べて特に秀でた部分がないため、
どうしても辛口になってしまうのですけどね。
同人市場に限って言うならば、ここまで遊べるADVも少ないと思います。
そういう意味では、人気が出るのも分かるのかなと。

ちょっと価格が高いのがネックですが、
今は常に何かしらのキャンペーンで安くなっていますので、
それなら割高感も解消されるでしょう。

ランク:C-(佳作)

自宅警備員

自宅警備員 脅迫無双パッチ
自宅警備員脅迫無双パッチ

関連するタグ WIN /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2013」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1962-f986ac9e
| ホームへ戻る |