『ロリータシンドローム』

『ロリータシンドローム』

『ロリータシンドローム』は1983年にPC88用として、
エニックスから発売されました。

エニックスの黒歴史・・・?
その名の通り、ロリゲーになります。

rosi01.jpg

<概要>


プレイヤーの目的はいたって単純で、
5つの部屋にいるロリな女の子を助けることになります。

<ゲームデザイン>


ETCと表記されることが多いでしょうか。
厳密には、ロシアンルーレットを手を替え品を替えって作品なんですよね。

具体的にみてみますと、最初の部屋では、
女の子の腹の上に電動ノコギリが設置されてあります。
rosi02.jpg

10個の鍵の中に正解があり、正解の鍵を選べば無事助けることができます。
しかし失敗の鍵を選ぶと、ノコギリが少しずつ下がってきます。
女の子の腹にまで到達すると、血飛沫をあげてゲームオーバー。

ロリゲーなのですが、結構スプラッタだったりします。
85年には光栄から『マイロリータ』が発売され、
それも同系統の作品なんですよね。
この2本だけで、確実に偏見を持たれそうなくらい、
無駄にインパクトはあります。

2つ目の部屋ではナイフを投げることになり、
ハズレのナイフを選ぶと女の子の腹に突き刺さりゲームオーバー。
rosi03.jpg

当たりを選ぶのかハズレを選ばないようにするのかという、
細かい部分でのルールの違いは部屋ごとに異なります。
従って各部屋ごとに違った楽しみはあるのですが、
基本的にはロシアンルーレットの亜種と言えるでしょう。
それで最初の説明になったわけです。

<総合>


まぁ面白いかはさておき、こんなゲームもあるんだぜと言われると、
つい手を出したくなるような作品ではありました。
・・・って、もしかしたら私だけかもしれませんがw
とりあえず今となっては、資料的価値の方が強い作品なのでしょうね。

ランク:C(佳作)

ロリータシンドローム

関連するタグ PC88 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1983」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1961-084303d7
| ホームへ戻る |