『フェアリーテール海賊版』

『フェアリーテール海賊版』

『フェアリーテール海賊版』は1991年にPC88用として、
フェアリーテールから発売されました。

海賊版とありますが、きちんと本家が製作したファンディスクになります。

fairka01.jpg

<前置き>


近年は人気作が生まれますと、
後にファンディスクが発売されるケースが増えています。
ファンディスクと言ってもいろいろ形態があるのでしょうが、
何かの作品の後日談とか、特定の作品に対するファンディスクが多いでしょうか。

そういうファンディスクはPC98時代もあったのですが、
エルフとかアリスが行っていたような、
購入者がオマケで購入できるミニゲームというイメージが強いでしょうか。

もっとも、そういう購入特典のようなものだけではなく、
普通に一般の商品として売られているパターンもありました。
その代表例として、おそらく一番有名なのが、
アリスソフトの『アリスの館』なのでしょう。
しかしながら、この『アリスの館』は個々の作品のファンディスクではなく、
アリスというブランドに対するファンディスクであり、
個別の作品とは関係がありませんでした。

他方で、個別の作品を何本かまとめて扱った類のファンディスクもあり、
『フェアリーテール海賊版』はこちらに属します。
アイデスはカクテルソフトの場合は『カクテルソフト増刊号』と題し、
何本かゲームを出した後にそれらを扱ったファンディスクを出していました。
この流れは『フェアリーテールリミックス』や『みっくすキャンディ』など、
windowsの時代にも続きます。
windowsの時代になってからは、他社ではリーフも盛んに出していましたね。
以前書いたコラムでは手薄になってしまいましたが、
ファンディスクにも歴史というものがあるのです。

<概要>


さて、肝心の中身なのですが、
千駄ヶ谷教授という怪しいおっさんが解説するという形式で、
今作は5本の作品を扱っています。

一つ目は『殺しのドレス2』であり、
これは教授がストーリーをダイジェストで紹介してくれます。

二つ目は『リップスティックアドベンチャー2』。
この作品はコミカルで豪快なイメージであることから、
逆に主人公を猛烈な気配り人間に置き換えてみようというもの。
メッセージの「不愉快さ」を鋭く追求するという、
何だか意味不明なものになっていますw

三つ目は『キサナ』。
こちらは、もし主人公がウスラバカだったらというテーマで進行。

四つ目は『ドラゴンシティ X指定』。
エロ担当ですね。

それに全てを終了した者だけが見られるグラフィック集。
これは『ストロリー大戦略』です。

<総合>


ファンディスクなんでね、しかも内容も内容なので、
ランク表示はなし。
今となっては、少なくともこの時期からファンディスクの歴史は続いていたと、
そんな資料的価値が大きい作品になるのでしょうね。

フェアリーテール・海賊版


関連するタグ PC88 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1940-dc101399
| ホームへ戻る |