ジサツのための101の方法

ジサツのための101の方法

『ジサツのための101の方法』は2001年にWIN用として、
公爵(デューク)から発売されました。

発売当時、3大電波ゲーの一つとして話題を呼んだ作品でした。

CDソフトジサツのための101の方法

<感想>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
画面全体に文字が表示されるタイプで、
この時期として少なくなってきたタイプでしょうか。
選択肢が多めなのには驚かされましたが、
細かいシステム周りもかなり悪いほうです。
今はもちろんのこと、当時の基準としても厳しいでしょうね。

それ以上にヘタレていたのがグラフィックでしたね。
もう少し何とかならないのかとも思いましたが、
まぁここは好みの問題なので良しとしましょう。
ただ、客観的に図りうる部分としては、狂気も扱った作品として、
欲しい部分にもっと猟奇的なCGが欲しかったのかなと。

システムは貧弱、グラフィックも貧弱な作品ですが、
それでも一部で支持を得ていたのは、
間違いなくそのストーリーにあったわけでして。
電波+狂気ってことでかなり人は選びそうですが、
同時期の『終の空』や『さよ教』とかが好きな人ならば、
楽しめる確率も高いかと思います。
合わなそうな人は時間の無駄に感じるでしょうから、
素直に手を出さない方が賢明でしょうね。

私は狂気ものとか妄想ものは好きなのですが、
電波と組み合わさったときに微妙な場合も出てくるわけでして。
電波とはもともとわけのわからないものですが、
わけが分からなければOKかというとそうでもなくて、
やっぱり1本筋が通ってないと話が成り立たないものです。
筋が通っているからこそ狂気ものとかも良さが増してくるのですし。

本作には、それが感じられませんでした。
電波な雰囲気に未完成っぽい構造があいまって、
他の部分も含めてとても中途半端な代物に感じてしまいました。

まぁ、意外にと言っては失礼かもしれませんが、
実はテキスト自体は結構良かったりします。
一部で支持を得ているのも、この部分が大きかったからなのでしょう。
内容的には個性が際立っているのも確かですからね。
ストーリー的には、全体としても良作レベルのものはあったかと思います。
しかし絵とかシステムとか、他に駄目な部分も多いですからね。
総合的に見ると私の基準では厳しくならざるを得ないわけで、
個性を評価しても佳作ってところでしょうか。
こういうのは中々人にはすすめられないものですが、
絵とかシステムは気にしないよ、
ノベルはやっぱりテキストこそが大事だよねって人ならば、
私以上に楽しめるのは間違いないのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

ジサツのための101の方法

CDソフトジサツのための101の方法

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/194-8deb7351
| ホームへ戻る |