『実姉妹 ~濡れた相姦図~』

『実姉妹 ~濡れた相姦図~』

『実姉妹 ~濡れた相姦図~』は2002年にWIN用として、
ANALOG FACTORYから発売されました。

フルプライスの同人ゲーという珍しい作品ですが、
理由を知ればそれも納得できるのかなと。

実姉妹 濡れた相姦図

<概要>


ANALOG FACTORYの同人デビュー作品であり、
それでいてフルプライスという価格設定。

何も知らない人が聞けば全く見向きもされないように思いそうですが、
これがまた発売前からかなり注目されていたわけでして。

あの『SEEK』などを手がけたPILの田所さんの新作ということは、
それだけ大きなことでもあったんですよね。
また、この作品が同人扱いとならざるを得ないところに、
当時のアダルトゲーム事情が見て取れるのです。

<ストーリー>


両親をなくした主人公とその妹が姉夫婦の下で生活を始めるのですが、
ジャンル的には近親ものとなるでしょうか。

もっともストーリーはあってないようなものですし、
期待してプレイするとガッカリすると思います。

<音声>


さて、この作品がなぜ同人にならざるをえなかったのか。

そもそもソフ倫が誕生したのは92年のことですが、
規制の態様も時代によって常に変化しています。
今もまた厳しくなりそうで悩みどころでもあるのですが、
過去の場合でも99年の児ポ法なんてのは無視できない存在でした。
そんなわけでソフ倫の規制も次第に厳しくなり、
近親描写は駄目であるとか、卑語はピー音なしでは駄目だとか、
いろいろあったわけです。
従って各種規制に逆らう内容で出すには、同人で出すしかなかったんですね。

本作を今プレイしたならば、
もしかしたら良さが全く分からないかもしれません。
しかし本作は薄いモザイクに近親モノという内容、ピー音なしの卑語ボイスなど、
この頃の規制の中では結構インパクトがあったのですよ。
例えばエロゲでしか出せない作品のように、
その媒体でしか出せないようなのは評価すべきだと思っていますが、
同人でしか出せない作品を出したという点は、
高く評価されて然るべきなのでしょう。

<総合>


作品としての面白みよりも、資料的価値なのでしょうね。
規制が厳しくなった。
他方でそれに反発する流れも生じ始め、本作はまさにそんな作品ですよね。
翌年にはメディ倫が参加することで、
ソフ倫とメディ倫が競う形になり規制が次第に緩やかになっていきます。
で、緩くなってきたな~って思うと違う事件だの法律などにより、
また規制が厳しくなると。
歴史って繰り返されるのです。
エロゲの歴史なんて興味ないよ、エロゲは俺が抜けるか否か。
っていうハッキリした方も結構いると思うのですが、
ちょっと視点を変えてみると面白いこともあるわけで。
本作がフルプライスの同人で出た意味も分かるというものでしょう。
作品自体はそれほど面白いものでもないし、
内容的には凡作と言われても仕方ないところもあるのですが、
その製作意欲や音声の功績などを評価し、
個人的には佳作としておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

実姉妹 ~濡れた相姦図~


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1939-5f11b7d2
| ホームへ戻る |