『いまじねいしょんLOVE』

『いまじねいしょんLOVE』

『いまじねいしょんLOVE』は1998年にWIN用として、
U・Me SOFTから発売されました。

ヒロインは風俗嬢ということで、今だとありえない設定かもしれませんね。

いまじねいしょんLOVE

<概要>


商品紹介は以下の通り。
都内某所にあるイメクラに勤める主人公は、
店長が1000万の金を持ち逃げしたせいで、
店の経営者であるヤ○ザな人から無理矢理店長にされてしまう。
しかも、1ヶ月以内に店長の持ち逃げした1000万を稼ぎ出せと言うのだ。
成功すればボーナスが出るが、失敗すれば海の底…。
リスクの高い賭けに出た主人公だが、
資金不足のせいで店に残った女の娘は僅かに4人。
果たしてこの4人の女の娘だけで、1000万もの金を稼ぎ出せるのか!?

<ゲームデザイン>


目標は1000万円を稼ぐこと。
そのためにヒロインを開発して店を繁盛させなければなりません。
こういう設定だとSLGっぽく感じるのですが、
基本的にはノベル系のADVと捉えて構わないのかなと。

お金を稼ぐことは比較的簡単ですし、
むしろヒロインらとのフラグを立てる方が難しかったです。

<ストーリー>


上記のように基本的にはイメクラを舞台にしつつ、
30日という期間の中で1000万円を貯めなければなりません。
その一方でヒロインらとの恋愛も進行させますので、
特殊な舞台ではあるものの、恋愛ゲーとなるでしょうね。

ヒロインらは当然客の相手をすることになるのですが、
Hシーンでそういうシーンはなかったような。
新たな技の開発の練習相手が主人公で、
主人公とヒロインのHばかりでしたからね。
まぁその方が一般向けするのかもしれないけれど、
ガンガン客を相手にした方がインパクトはあっただろうになと、
個人的には思うのですけれどね。

オマケでギャグシナリオがあるのですが、これは面白かったです。

<グラフィック・サウンド>


こんな子がいるなら行ってみるかと勘違いしてしまいそうな、
可愛い絵柄のキャラでしたね。

加えて音声もありましたので、
この時期のオリジナル作品としては優秀でしょう。

<総合>


基本的には小粒な佳作という言葉が相応しい作品だと思います。
どこまで稼げるかで、ちょっとはやり込みも出来るし、
可愛いキャラで声つきの抜きゲーなので、わりと良かったように思います。

そう言いつつ中途半端に恋愛中心にしてしまったことで、
全体としては特に印象深いというものでもないのかなと。

ただ今だとこういう設定の恋愛ゲー自体が出ないだろうなと思いますので、
その個性は当時だけでなく今も、
そして今後も褪せることなく変わらないのではないでしょうか。

他社のゲームでインポのジジイをたたせるために、
その女を主人公が育てるなんてのもありましたが、
そういうヒロインがありえた時代の名残と言えるのでしょうね。

ランク:C-(佳作)

いまじねいしょんLOVE

ダウンロード版
いまじねいしょんLOVEDL


関連するタグ WIN /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1933-4c401b26
| ホームへ戻る |