『トワイライトゾーンIII ~長くて甘い夜~』

『トワイライトゾーンIII ~長くて甘い夜~』

『トワイライトゾーン3 ~長くて甘い夜~』は1989年にPC88用として、
グレイトから発売されました。

前作の続きとなるシリーズ3作目。
ストーリーで考えさせられる初の恋愛ゲームかもしれない作品でしたね。

tzone301.jpg

<概要>


トワイライトゾーン3は、同名のシリーズ3作目になります。
前作である2と今作は同じ主人公・ヒロインです。
2のあらすじは今作の冒頭で説明されますので、
一応本作からのプレイでも問題はありません。
ただ前作をプレイしていると、また違った思い入れが生まれるかもしれません。
できれば2からプレイした方が良いでしょう。

ジャンルは3DタイプのRPGで、これは2作目と同様です。

<ストーリー>


さて、前作のネタバレになってしまうのですが、
本作の冒頭で説明されるので構わないですかね。
前作で主人公は、恋人の陽子を求めて「なぎさの館」に突入しました。
この「なぎさ」というのは陽子の飼い猫です。
つまり陽子を案じた主人想いの飼い猫が、
主人公の陽子に対する気持ちをはかるために、
前作の舞台であるなぎさの館を作ったということですね。
そしてなぎさの課した試練を乗り越え、
主人公と陽子は互いの絆を確かめ合います。

ここまでが前作のお話。
前作はまだナンパゲームばかりの時代に、珍しく愛を描いた作品でもありました。
せっかく綺麗に終わったはずなのですが、
本作冒頭で主人公は浮気をしてしまいます。
しかも浮気相手である玲子は、陽子の幼馴染。
そして主人公と玲子がデートをして帰ってくる途中に、
偶然陽子に見つかってしまいます。
・・・そういや、こういう修羅場った場面のあるゲームって、
これより先にあったかな?
あまり興味のない分野でもあり記憶が乏しいのですが、
もしかしたら初かもしれませんね。
tzone302.jpg

さて、陽子を怒らせた主人公は陽子への愛を再認識しつつも、
再びなぎさによって館に閉じ込められます。(けなげな猫ですよね。
そして、ことあるごとに猫に閉じ込められる主人公って一体・・・w)

館といっても、別に猫がせっせとリアルに作るわけではなく、
当然ながら精神的なものなんですけどね。
今作は既に現実ではないと分かっているので、
そういう部分が更に顕著にあらわれています。

というのも、館は4階建て+地下となっていて、1階は現在なのですが、
2階以上は過去となり、地下は未来という構成になっているのです。
1階で現在の玲子に会うと、陽子の理想の男性にならなければ、
陽子に会えないと言われます。
そこで各時代の陽子が求める理想の男性の条件、
「楽しく、優しく、力強く、豊かな、賢い男」を満たし、
陽子に認められる男になることが目的となります。
tzone303.jpg

過去には各階ごとに幼女時代、小学生時代、中学生時代と、
ロリ歓喜な幼き頃の陽子や玲子がいます。
過去の時代の陽子は幸せなのですが、未来に行くと悲しい人生になっています。
そりゃそうですよね、彼氏を幼馴染に取られたんですから。
しかも最後には、一人身の孤独な老人になっていますし。
幼女姿から老婆姿まで描かれたヒロインってのも、
おそらく初めてでしょうね。
まぁヒロインの老いた姿を見たいかって言われると、ちょっと微妙ですがw

ここは何気に難しい部分でもあって。
私は時間が経過したのであれば、それに伴い外見も変化すべきだと思います。
幼ければ幼い容姿で、少女になれば少女の容姿でと。
成長する姿を見ることで幼馴染なんかは感情移入度も増しますし。
でも、別のゲームでのロリな方によると、少女の姿を見せただけでも、
変化しないことが二次元の良さなのに、劣化した姿を見せるなとなります。
その意見を初めて目にしたときは、そんな考えもあるのかと驚いたものですが、
本作のような老いた姿を見せられると、そういう気持ちも分かる気がしますね。
何れにしろ各種イベントを通じて陽子の人生を追っているわけで、
感情移入度はかなり上がるのは確かと言えるでしょう。

本作はマルチエンド方式ではないので、
陽子と玲子のどちらを選ぶのかという作品ではありません。
しかし2人の女性の間で葛藤しつつも恋人への愛を貫く作品であり、
恋愛ものらしい恋愛ものがまだほとんどなかった時代だけに、
ここまで純粋に愛を問いかけた作品はほとんどなかったでしょうね。
恋愛ゲーの変遷という意味では、大事な作品と言えるように思います。

また2人の女性の片方を選ぶということは、もう片方とは結ばれないということです。
何年か後に「~問題」とか言って、
選ばれなかったヒロインはどうなるのかと論争を始める人が出てきました。
正直なところ、私はその論争に全く興味がありませんでした。
作品は描かれていることが全てであり、描かれていない部分の話を考えても、
そんなのは答えがでるわけもなく時間の無駄だからです。
そもそも作品外の話は完全に脱線した話ですからね。
しかし本作の場合、選ばれなかった陽子の悲しいその後の人生が描かれています。
主人公と結ばれれば幸せになるのに、
結ばれなかったらこういう悲しい人生になるのだと作中で描かれています。
結局主人公は陽子を選ぶことになるのですが、
主人公に選ばれなければ陽子はこうなるのだとか、
じゃあ逆に陽子とハッピーエンドを迎えたのならば、
玲子はどうなるの?ってつい思ってしまいますよね。
私の姿勢は考えても仕方ないだろってものなので、あまり深く気にしないのですが、
本作がなまじ作中で扱っているだけに、
こういうところが凄く気になった人もいるように思います。
そういう人であれば、本作に対する思い入れも更に増したでしょうね。

今のアダルトゲームユーザーの大半は恋愛系の作品を好みますし、
もちろん恋愛の絡まない作品もあるのですが、
そういうのはマイナーになりがちです。
しかし時代が変われば好まれる物も変わるわけで、
当時は逆に恋愛系の作品があっても注目する人が少なかったのでしょう。
私自身も推理だのSFだの、そういう類ばっかり注目していましたからね。
そのような時代背景もあり知名度が低くなりがちなのですが、
もし今のユーザーにこの頃のアダルトゲームのRPGをやらせたら、
案外一番好評を得るのは本作ではないかなと思うのです。

<ゲームデザイン>


さて、上述のようにストーリー面に秀でた本作ですが、
問題があるとすれば他の部分なのでしょう。
本作は3DタイプのRPGになります。
前作は自分でマッピングする必要があり面倒でしたが、
今作は一度通った場所はマップとして表示されますので、
前作よりも面倒さがなくなっています。
ゲーム部分が弱点でもあった前作よりは、確実に進化していますね。

戦闘も女の子と戦うのですが、これはぶっちゃけSEX勝負です。
通常攻撃はカーソルでどこを愛撫するか選ぶものですし、
敵をいかせることに成功すると、お金代わりの下着をゲットできます。

アダルトゲームらしいアレンジはなされているのですが、
格別に面白いというほどの内容でもないですし、
斬新さでは前年の『カオスエンジェルズ』より劣るという点で、
ゲーマー視点からは『カオスエンジェルズ』の名が挙がりやすいでしょう。
前作よりも進化はしているものの、
その辺が有名になりきれなかった理由の1つとも言えるでしょう。

<グラフィック>


アダルトゲームの売れる一番の条件は、いつの時代もグラフィックにあります。
本作と同じ89年には『ドラゴンナイト』が発売され、
ドラナイは確か10万本以上売れたんですよね。
PCの普及率を考えれば、とんでもない数でしょう。
もっとも『ドラゴンナイト』はゲーム性も優れていないし、
ストーリーなども優れてはいません。
89年はエルフの生まれた年ですから、後ほどの知名度や信頼性もありません。
極端に言えば、完全に絵だけゲーのようなものです。
でも、とにかく売れたから、皆やってるから知名度が高いのです。
各年代の名作を挙げるような企画を何度も目にしますが、
大抵は古い時代のは売れていたゲームとかで、
最近のは売れてないけど俺にとっては名作・・・みたいなのが選ばれやすいです。
最近のは自分でプレイしていたり、ネットで情報が得られやすいので、
内容で判断ってなりやすいのでしょう。
しかし古い時代はそれができないから、
知名度の高い売れたゲームが選ばれがちなのでしょうか。
各自、自分にとっての名作があると思いますが、
それは全部が売上上位に入っていますか?
必ずしもそうでないでしょ。
売れたのと内容が良いのとはいつだって別なのですよ。
本作は残念ながら、グラフィックが良く捉えても平均レベルなので、
『ドラゴンナイト』みたいには売れなかったし、
それ故に後世に名が残りにくい面があったように思います。

まぁ、インパクトはあったんですけどね。
ヒロインらが各年代で年齢も外見も異なるように、
敵も時代に合わせて変化するのですよ。
だからロリ状態で登場したときもあれば、ババァになって登場もするのです。
「デカパイだったサユリちゃん」とか、乳が垂れ下がって、
アバラ骨が浮き上がった老婆の裸が出てきても、普通はトラウマにしかなりませんよw
老婆の垂れ乳萌え~とか、アバラの浮かび具合が芸術的だよね~
とかって盛り上がれる猛者なら、或いは一生物の作品だったかもしれませんけれど。

<総合>


元々私があまり関心を抱いていない分野の作品だったので、
当初はそれほど好きな作品でもなかったのですけどね。
その後の世間の関心やらを見るうちに、
実はこれ凄かったんじゃないかと思うようになった作品でした。
なので、もっと高く評価する人がいてもおかしくはないでしょうね。

上述のようにグラフィックやゲーム部分が特別秀でているわけでない本作は、
80年代の他のRPGより埋もれやすいのも仕方ないのかもしれません。
しかし内容的には一番、後のユーザーにも興味を持ってもらえそうでもあり、
ストーリー面に関しては間違いなくこの時代屈指のRPGと言えるでしょう。
少なくともエンタメ的な作品ばかりだったこの時期にあって、
ここまでテーマ性を持ったRPGは他にないと思います。

シナリオを重視しますとかって特定要素を重視するのも一向に構わないですが、
少なくともそういう人が安易に過去の名作とされる作品に飛びつくことは、
無謀なのでしょう。
有名になったのはゲーム性やグラフィックが秀でているからであり、
ストーリーだけ優れた作品は埋もれた作品の方にあるのだと、
それくらいの認識でいた方が良いように思います。
その時代その時代でどこに注目するかでも、
名が挙がってくるタイトルは代わってくるということで、
不遇な名作でもありました。

ランク:A-(名作)

トワイライトゾーン3


関連するタグ PC88 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1931-ac0fba9f
| ホームへ戻る |