アトランティス2

アトランティス2

『アトランティス2』は2000年にWIN用として、
セガから発売されました。

高い話題性で世界中でヒットしたシリーズの第2弾になります。


atl207.jpg

<概要>


ゲームジャンルはMYST系ADVになります。

オリジナルは1999年にCryoから発売されたもので、
国によって『Atlantis2』とか『Beyond Atlantis』と付けられていました。
本作はその日本語版になります。

因みに日本では『アトランティス3』も発売されているのですが、
アトランティス3のオリジナルは『Beyond Atlantis2』になります。
数字もタイトルも微妙に違うので、ちょっとややこしいですよね。
もし海外サイトなどを調べる機会があるならば、
その点は注意した方が良いでしょう。

<感想>


さて、前作の『アトランティス』は全方向パノラマ360度に見渡せるCGで、
圧倒的なインパクトと存在感を見せ付けてくれました。
グラフィック面では間違いなく当時世界最高峰だったのですが、
他の面が駄目だったんですよね。

本作も前作同様、ジャンルはMYST系のADVになります。
グラフィックも当然に全方向パノラマ360度を実現しています。

今回の舞台はチベットから始まり、
アイルランド→マヤ→中国→シャンバーラ、
そして最後にアトランティスへと続いていきます。
一言で表現すれば幻想的。
詳しく説明するのは難しいのですが、
他のMYST系とも違った雰囲気は出せていましたし、
今回は良かったと思います。

パズル等も特別秀でているわけではありませんが、
そつなく纏めてきたようには感じましたね。
総じて、ほぼ全ての面で前作を上回ってきたかと思います。

唯一物足りない面があるとするならば、それはインパクトでしょう。
前作は欠点だらけのゲームでしたが、
インパクトはだけは絶大な作品でした。
本作は欠点はなくなってきているのですが、
新しい何かが少しかけているんですよね。
もちろんグラフィックは長所と言えるだけの質は有していたのですが、
初代ほどの圧倒的なものはありませんでした。
その点は少々残念でしたが、まぁ贅沢な話ですかね。
この年に遊べるMYST系はこれくらいしかなかったですし、
一応良作にとしておきますが名作扱いで構わないかもしれないですね。

海外のADVは中々日本語化されないものですが、
その中にあってアトランティスシリーズは恵まれたシリーズでした。
そして作品がすすむごとに完成度は高まっていくのですが、
逆にインパクトは失われていくという問題点もありました。
オリジナリティとクオリティのどちらを重視すべきかは難しいですが、
一番バランスが良かったのがこの2作目だったように思います。
この当時の日本語で遊べるMYST系ADVとしては、
MYSTシリーズの次に有名だと思われるアトランティスシリーズ。
そのシリーズの代表作を挙げるならば、
やっぱりこれになるような気がするんですよね。

動画を見てふと思うのは、
私は何だかんだでグラフィックの綺麗な雰囲気ゲーが好きなんですよね。
こういう世界をまったりと堪能できるゲームが、
近年はほとんどなくなっています。
個人的にはもう少しこういうゲームが増えてくれると嬉しいのですけどね。

ランク:B(良作)

アトランティスII 完全日本語版

関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/193-c0e58586
| ホームへ戻る |