Baldur's Gate(バルダーズ・ゲート)

Baldur's Gate(バルダーズ・ゲート)

『バルダーズ・ゲート』は1999年にWIN用として、
セガから発売されました。

オリジナルは1998年に発売された『Baldur's Gate』で、
本作はそれの日本語移植版になります。

Baldur's Gate 完全版バリューパック 価格改定版

海外で最も高く評価されているRPGの1つで、
シリーズ最初の作品になりますね。
まぁ、ゲーム機オンリーな人には馴染みがないかもしれませんが、
当時PCでRPGをやっていた人なら、
まず知らない人はいないだろうってくらい有名な作品ですね。

さて、海外のRPGってことで自由度重視のRPGなわけですが、
あちこちで絶賛されている最大の理由は、
要となるゲーム部分にあるのでしょう。

『アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』第2版をベースにしたRPGで、
個々のシステムの細かい点は長くなるので省略しますが、
基本的にはパーティ性のリアルタイム戦闘になります。
一見するとアクションRPGっぽくも見えるのですが、
ポーズをこまめにかけることができますし、
アクションの下手な人でもあまり問題はありません。
要求されるものは指先のテクニックではなく、
むしろ適切な判断と戦術性になるのでしょう。
そのおかげで、私の守備範囲内として楽しめたわけですね。

まぁ、高い戦術性を要求しつつ、リアルタイムで進行するわけですからね、
ぼやぼやしていたらあっという間にゲームオーバーになってしまいます。
国産RPGはもちろんのこと、並のSRPGよりよっぽど難易度が高いので、
歯応えのあるゲームを求めている人には、
最高の作品にもなりえるのではないでしょうか。

この戦闘に練られたクエスト、高い自由性に膨大なボリューム、
緻密に描かれたグラフィック等が加わるわけですからね。
そりゃ高い評価も得るってものでしょう。

かようにRPGの1つの形としてはかなり理想的な作りであり、
十分に傑作と言って良いでしょう。
ただ、素晴らしい作品ではあるのですが、
実は結構人を選ぶかとも思います。

1つは自由度重視ってことで、
ストーリーがあっさりしていることです。
まぁ、ここは自由度重視のゲームって知って買うわけですし、
いわゆるJRPGみたいなストーリーがないってだけで、
クエストそのものは凝っていますからね。
おそらく、大抵の人は問題ないでしょう。

2つ目は、移動がのろいことです。
個人的に一番の不満点はここでしたね。
後の『PLANESCAPE TORMENT』なんかは走れるから良いのですが、
本作では走れないので移動が鬱陶しかったです。
気の短い人は注意すべきでしょうね。
ほとんど欠点のないこのゲームで、唯一完全なる欠点と言えるでしょう。

3つ目は、成長に上限があることです。
いや、どのRPGにも当然上限はあるのですが、本作は2に続く関係で、
普通のRPGでいう中級くらいまでしかレベルが上がりません。
ここは完全に好みの問題でしょうね。
SRPGのようにレベルの上がる機会は少なくても、
歯応えのある戦闘がやりたいって人には、何ら問題はないと思います。
でも、中にはポンポンとレベルが上がって成長を実感することや、
最終的に限界までレベルを上げて、
雑魚を屠りつつ俺ってつぇ?みたいな爽快感を求める人もいるわけで、
そういう人にはあまり向いていないように思います。

もともと万人向けのRPGに傑作なんてないと私は考える方ですが、
本作もまた癖が非常に強いです。
合わない人はまるで楽しめないような作りでもありますが、
合う人には最高にもなりうる、そんな作品なのだと思います。
RPGに何を求めるのかにもよりますが、
RPGの1つの側面を極めようとして実際多くの人に評価された作品ですし、
ゲームとしてのRPG好きならば、
絶対に1度はプレイすべき中の1本ではないでしょうか。

ランク:AA-(名作)

Baldur's Gate 完全版バリューパック 価格改定版

Baldur’s Gate 完全版バリューパック 価格改定版

関連するタグ WIN /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/192-bcaf7804
| ホームへ戻る |