『愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで ~あなたが知らない事、彼がたくさん教えてくれました~』

『愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで ~あなたが知らない事、彼がたくさん教えてくれました~』

『愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで
~あなたが知らない事、彼がたくさん教えてくれました~』は、
2012年にWIN用として、Team.NTR(アトリエさくら)から発売されました。

ジェントル佐々木&おんぼろ月ということで期待したのですが・・・

愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで

<概要>


主人公『指原康』とヒロイン『指原真理子』は新婚の夫婦。
ある日、妻に他の男の影があることに気づく。
浮気をしているかどうかを問いただすと彼女は頷き、
ゆっくりと浮気の事実を告白し始めた。

ジャンルはノベル系のADVで、一部で総当りタイプのコマンド選択があります。
分岐はなく、一本道です。

<ストーリー>


ライターはおんぼろ月さんで、NTR関連では有名な方ですね。
私はそれほどファンというわけでもなかったのですが、
『愛する妻、美咲の不倫証拠』『Remember』と直近2作が良かったので、
それで期待した作品でもありました。

もっとも、忙しくて情報収集が疎かになっていたのもあるのですが、
私は『Remember』が集大成的な最後の作品かと思っていましたので、
しばらく知らなかったのです。
少し経ってから気付いて、あれ?またNTRを書いていたの?って思ったわけで。
どうも、こちらが最後の寝取られものとのことですが、
その後も更に作っていますし、あまり気にしない方が良さそうですね。

さて、本作はジャンルとしては一応NTRと紹介されるのでしょうが、
ちょっと変化球で微妙な方向性の作品でもあったりします。
まず寝取られなのですが、本作は妻が浮気を告白という流れになります。
これがこの作品のコンセプトなのだと言われてしまえばそれまでですが、
どうも私には寝取られらしさを感じられないわけでして。
昔の寝取られは、愛する存在が他の人とやっているシーンを目撃してしまう、
その絵的なインパクトがまずあったはずです。
その後、寝取られる過程を大事にした作品も増えるのですが、
やっぱりHをしているシーンがまずあるべきだと思うのですけどね。
本作は浮気告白から始まり、その後に寝取らせに転じ、
オマケで一応寝取られも描写されているのですが、
寝取られが後出しで出てくるので、どうにもインパクトが弱いのかなと。
こういうのが好きという方もおられるでしょうが、
少なくとも寝取られゲーの典型的なパターンからは外れているのでしょう。
そして外れた部分が私には最も大事だと考えている部分であるがゆえに、
物足りなさにつながってしまったと。

妻の浮気告白の後は、逆に主人公が妻に不倫をさせるわけで、
これは寝取らせとなるのでしょう。
寝取らせは寝取らせで私は好きなのですが、
これもどこにポイントを置くのかで印象が変わります。
旦那を愛する妻、妻の旦那に対する愛情が濃ければ濃いほど、
他人とHすることに抵抗を感じつつも体が反応していく妻に、
私は萌えるのです。
本作の場合は、まず妻の不倫ありきなので、
そもそも妻が主人公をどれだけ愛しているのかが疑問です。
主人公が妻を寝取らせているのではなく、
主人公の性癖を利用して妻が浮気をしているだけにも見えるので、
あまり寝取らせものとしても楽しめないのです。

また本編はボリュームも少なく、結構あっさり終わります。
CGが全然埋まっていないなと思うはずですが、
残りのCGは回想欄を見ることで埋まります。
ここで妻の寝取られシーンが見られますし、
実は妻の告白には虚偽も混ざっていたと、真実も知ることになります。
まぁこの手法も他にも採用した作品がありますし、
一概に悪いと言うつもりもありません。
濃い本編で満足できた場合には、オマケまで充実していると喜ぶでしょうし。

でも、オマケはあくまでオマケなのです。
回想欄はイベントの集合体であり、ストーリーの形にはなっていません。
腕のあるライターならストーリーの中に上手く混ぜられるでしょうし、
こういう方式は本来は物語制作に対する「逃げ」の姿勢なのだと思います。
本編が濃ければ充実したオマケに満足度も上昇するのですが、
本編が薄くてボリュームもないのに、オマケ部分だけ充実していると、
どうにも未完成のやっつけ仕事に見えてしまいます。
きちんと纏めて、1つの物語として完成させてから出してくれと。

<グラフィック>


基本CGは価格相当な量が用意されています。
原画はジェントル佐々木さんで、わりと好きな原画です。
もっとも塗りの関係もあってか、本作はちょっと印象が異なる感じ。
良く言えば他の寝取られゲーより上品で格調高く見えるのですが、
悪く言えば不倫・浮気ゲーとしての下卑たエロさが足りないのかなと。
個人的にはすました感じが強く感じられ、
エロさがあまり感じられなかったのが残念でした。

<総合>


これを書いている間にも新作NTRの話が出ているのですが、
一応発売時はおんぼろ月さんの最後の寝取られという位置付けだったのでしょうか。
『Remember』は作品としては好きですが、寝取られゲーとしては完全な変化球です。
本作も変化球ですし、もちろん変化球でも構わないのですが、
本作の作りを見ているともうアイデアが枯渇したのかなと思ってしまいます。
と言いつつ、後の作品でまた楽しめるのも出てくるのですが、
とりあえず今回は作品としても、ちょっと残念でしたね。

ランク:D(凡作)

AMAZON
愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで

ダウンロード版
愛する妻、真理子DL


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2012」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1916-a80f1194
| ホームへ戻る |