『うちの妹のばあい(はぁと)』

『うちの妹のばあい(はぁと)』

『うちの妹のばあい(はぁと)』は2003年にWIN用として、
イージーオーから発売されました。

制作にあり方について考えさせられた作品でした。

うちの妹のばあい

<概要>


商品説明によると以下の通り。
子供の頃はお兄ちゃんにべったりだった妹が、
思春期を過ぎた辺りから口数も少なくなって、素っ気ない態度をとるように・・・。
最近では言葉遣いも悪くなって、時にはお兄ちゃんを足蹴にすることも。
そんな跳ねっ返り風味の妹を、
お兄ちゃんの武器である「さり気ない優しさ」を使って籠絡・・・
もとい、メロメロにするお兄ちゃんシミュレーター第一弾!
世界一のお兄ちゃんになりたい貴方へ・・・。

<感想>


巷で騒動になったわりには、あまり個人的思い入れもないので、
まとめて書いてしまいます。
ジャンルはノベル系のADVであり、内容的には妹に萌える恋愛もの。
またバッドエンドでは妹が寝取られることから
ハッピーとバッドの両方を楽しめるタイプになります。

ライターである、おるごぅるさんのテキストが肌に合うこと、
及びブランド過去作の『いつまでも・・・』が個人的に大ヒットだったので、
当時は注目していたブランドでした。

まぁテキストが肌に合いますので、今作も普通には楽しめます。
またハッピー・バッド両方楽しめる系統も大好きなので、
本来はストライクゾーンど真ん中なはずなのですけどね。
どうもハッピー方面もバッド方面も想定の範囲内というのか、
意外性がなく普通に終わってしまったなと。
絵が『いつまでも・・・』の時より好きでないことも相まって、
普通に楽しめるけれど、印象の薄い作品だなと。
本来ハッピーとバッドの両方楽しめる作品は大好物なのですが、
この分野もいろいろあるだけに、
捻りのない後発作品は印象が薄くなってしまうのです。

<制作のあり方>


そういうわけで個人的には普通に楽しめるけど特に印象に残らない作品だったのですが、
後日、予想外なところから騒動が出てくるわけでして。

ゼロ年代に入った頃から寝取られゲーに対する風当たりが強くなり、
詳しくは忘れてしまったのだけれど、抗議とかも結構行ったんですかね。
それでイージーオーが「寝取られ撤退宣言」を出したんですよね。
本作も後に純愛版が発売されますし。

ギャルゲーとかでも妹萌えは年々強まっていた時期でもあり、
それで初心者がこぞって、しかもろくに情報も調べないで突撃したのでしょうか。
イージーオーの作品をやって寝取られを叩くなんて、
私には狂気の沙汰にしか思えません。
今ならば寝取られ分野ではエルフの土天冥海さんや、
Team.NTR(アトリエさくら)の作品をプレイして寝取られ入れるなと抗議し、
エルフやTeam.NTR(アトリエさくら)が寝取られやめますって言うようなもの。
寝取られは私は好きですが、嫌いという人の気持ちも分かります。
だから、そういう人に寝取られゲーを薦める気はないし、
全てのゲームに寝取られを入れろとも言いません。
しかし寝取られで有名なブランドの作品をやって、
その有名となった要素に抗議するのであれば、買わなければ良いのですよ。
ブランドのファンなら当然寝取られがあることは予想できたし、
私も当然それを期待してプレイしているわけです。
寝取られがあるとは知らなかったなんて、情弱な人の言い訳でしかない。
そのブランドの持つ特徴が消えてしまったのなら文句が出ても仕方ないですが、
ブランドの持つ特徴が出ている作品に対し、その特徴への文句を言うのであれば、
そもそも買って文句を言う奴が阿呆なのですよ。
そんな阿呆のせいで期待していたブランドがこんな形で崩れていくなんて、
はた迷惑もいいところです。

またブランドも問題ですよね。
ユーザーがより満足できるよう、
ユーザーの意志を汲み取る姿勢も良いことなのでしょう。
しかしユーザーの意見に縛られるだけでは、何の価値もない。
ニーズに沿った商品も必要でしょうが、
そんなのは金のあるコンシューマーや大手に任せれば良いし、
結局は金のあるところに勝てません。
でも、コンシューマーでなくあえてアダルトゲームをやっていたのは、
ユーザーなど気にせず俺が作りたいから作るのだという、
そういう個性や癖の強い作品をやりたかったからなんですよね。
作り手の強い意志がなくなったアダルトゲームなんて、
一体どれだけの価値があるのかと。
2002年や2003年は、PCやネットの普及で多くの新規参入者もいましたが、
他方で何でもありで新しい物を求めていた既存ユーザーも、
もう求める物が出てこなくなったと閉塞感を感じて離れていきました。
個人的には大して思い入れのない作品だったのですが、
今となってはユーザー層の変化を象徴付ける作品の一つであったのかなと、
そんな風に思うのです。

分離を望んだ当時のユーザーにとっては、
今日の業界の状況は望んだ結果なのでしょうね。
まぁそれは多数派の意志と需要の結果なので仕方ないとしても、
そのせいでハッピーとバッドの両方を楽しむ路線や、
不意打ちを楽しむ従来の寝取られゲーは急激に衰退していくことになります。
つまりゼロ年代前半のこの時期が、
ジャンル的には終止符を打たれた時期でもあるのでしょう。
人気路線の中での細かいシチュの細分化は増えていくかもしれませんが、
広い意味では消えていった物も多いわけでして。
好きな路線が一つずつ消えていくのはやっぱり寂しいものですね。

ランク:D(凡作)

うちの妹のばあい

駿河屋
XPソフトうちの妹のばあい


関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1911-004277bf
| ホームへ戻る |