慟哭 そして…

慟哭 そして…

『慟哭 そして…』は1998年にセガサターン用として、
データイーストから発売されました。

ゲームジャンル:P&C式ADV
属性:脱出

慟哭 そして...

<感想>


本作は家庭用ゲーム機では珍しい、
オリジナルのポイント&クリック(P&C)式のADVでした。

とは言うものの、この作品を語るには、
『遺作』(1995年発売)との比較から入った方が良いでしょう。

『遺作』関しての細かな点はここでは割愛しますが、
端的に言えば脱出系のP&C式のADVで、原画は横田守さんでした。
本作も脱出系のP&C式のADVで、原画は横田守さんです。

また『遺作』は18禁で、本作は18歳以上推奨でした。
つまり、良くも悪くもこの2作は似ているんですよ。
なので、どうしても比較したくもなるわけです。

さて、P&C式ADVとしての比較ですが、
単純に難易度という点では本作の方が上でしょう。

しかし、ゲーム性と難易度はイコールではありません。
P&C式の良し悪しとしては、
クリック出来る箇所(ホットポイント)の多さ、
ホットポイントの分かりやすさ、
ホットポイントの反応の多彩さ、それに難易度。
ゲーム性を図る上でのポイントは幾つかあるわけですが、
難易度以外のほかの点、
特に反応の多彩さでは『遺作』の方が上回っていました。
総じて、ゲーム性全体では『遺作』の方が上と言えるかと思います。

エロ要素もないし、
本作は基本的には『遺作』より高く評価は出来ないのかなと。

ただ、じゃあ完全に完全に2番煎じの劣化版かと言うと、
必ずしもそうでないわけでして。

私が『遺作』のプレイ時に物足りなかったもの、
つまりは難易度とボリュームだったのですが、
この2点は本作の方が上だったわけです。
長く遊べる、長く楽しめるという観点から選ぶならば、
こっちの方が適しているのです。

そういう意味では両者は方向性を異にするし、
分岐要素の強化など本作ならではの方向性もありますからね。
両方やっても十分に楽しめるわけです。
何より、こういうジャンルは絶対数が少ないですからね。
好きな人にはたまらない1本ではあったかと思いますね。

ランク:A-(名作)

慟哭 そして...

関連するタグ セガサターン /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

「慟哭 そして…」は当時プレイ済みですが「REVIVE ?蘇生?」は
こちらの記事でプレイしてない事を思い出したので
DC版を購入し先日プレイし終わりました。
http://katan100.blog130.fc2.com/blog-entry-1144.html
「慟哭 そして…」に比べると確かに難易度が高かったですね。
攻略本も同時に購入しておいて正解でした(詰まるまでは自力で解きましたが)。
謎解きはやたら数字入力が多かった気がします。
時限式トラップは新鮮でしたがノーマルエンディングのために
あえて失敗する時は逆にヒマでうっとおしかったですね。
繰り返しプレイ前提なのにスタッフロールを飛ばせないのもそうでした。
ストーリーは規制でガッチガチに縛られてる感じがしてあまり印象に残らなかったですね。
もう少し核心に向かって盛り上がるかと思いましたが
エンディング含めてあっさりな感じです。
全体的に薄くなったというのは的を得ていると感じました。
これから比較のために「慟哭 そして…」も再プレイしてみようと思うのですが
セガサターンの電池が切れてセーブデータ消えちゃってましたorz
「遺作」も内容忘れてるのでまたプレイしたいですね。

こんにちは、コメントありがとうございます。
REVIVEはおっしゃるように、攻略本を最初から用意しておいた方が良さそうな作品ですよね。
悩ませるなら悩ませるで、そういう部分にも楽しませる配慮があれば良かったのですけど。
繰り返しでも苦痛にならないような配慮も欲しいところでしたね。
ADV作りにもセンスや経験が必要だと思いますが、上手いと思える人が中々出てこないので、残念に思います。
遺作慟哭reviveと、難易度とボリュームは増していっているのですが、濃さがなくなっていったという印象が強いですね。
それでも十分に楽しめてはいたのですが、下り坂というのが残念な感じでした。

横田守さんの暗い作品が好きです。
私はエロ<グロなので好きでしたこれ。
が、余計な分岐がありすぎてCG回収が難しすぎるんですよね。コンプしきれない。
火焔聖母も同じカンジだったなぁ。

横田守さんの絵は一時期は最高に好きだったのですが、近年のはあまり好きでなくなってるんですよね。
一番良かった頃の最後の作品が慟哭あたりなのかなと思ったりも。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/191-ac0f4ec8
| ホームへ戻る |