9 ザ・ラストリゾート

9 ザ・ラストリゾート

『9(ナイン) ザ・ラストリゾート』は1997年にWIN用として、
ゲームバンクから発売されました。

オリジナルは96年に英語版としてGT Interactiveから発売されており、
本作はその日本語版となります。

ゲームジャンル:MYST系ADV
9last_resort3.jpg

今ではすっかり見かけることがなくなってきたMYST系ADVですが、
96年頃にはたくさんのゲームが日本語化されていました。
本作もまた、そんな多くのMYST系ADVの1本と言えるでしょう。

ストーリーは奇妙な洋館に招かれて、
その洋館の内部を探索するというゲームでした。
館物という点から考えれば、
『夢見館の物語』とかが好きな人に向いてるかもしれませんね。
何れにしてもMYST系ADVということで、
ストーリー云々は重要ではないでしょう。
本作はあくまでグラフィックと世界観とパズルを楽しむ、
そんな作品なのだと思います。

さて、肝心のゲームの中身なのですが、
ぶっちゃけ典型的なMYSTクローンって感じの作品なんですよ。
グラフィックは綺麗で独創的だけど、
それ単独で名作認定できるほどには特別だったとも思えません。
パズルも難易度はかなり高いし、
毎回答えが変わることで複数回プレイにも対応していました。
複数回プレイに対応したADVは非常に少数でもありますし、
その点は大いに評価されて然るべきでしょう。
なので当然及第点以上ではあるのですが、
理不尽なパズルも若干ありましたし、
個々のパズルの出来からすると、
必ずしも秀逸とまでは言い切れないのかなと。
9last_resort2.jpg

総じて、どこまでも普通のMYST系なんですね。
普通に遊べるし、楽しむことはできます。
複数回プレイ対応ということで、ボリューム的には文句なしでしょう。
でも、数年経っても覚えているような、
そんな強烈な特徴に乏しいのです。
ここまでなら、佳作と良作の間くらいの感じです。

ただ、本作はパッケージが秀逸でした。
いや、外箱はシンプルなんですけどね、付属品が良かったんです。
主人公は館に招かれていくわけですが、
招待状が封筒ごと作品に付属していたりして、
プレイ前からの雰囲気作りが上手かったんです。
ゲームの評価は純粋にゲーム内容だけで判断すべきというなら、
この点は対象外になるんでしょうけどね。
でも私は、せっかく高いお金でゲームを買ったんだから、
パッケージに含まれている全体で判断したいとも思うわけでして。
もちろん、作品の内容と直接結びつかないオマケは別なのですが、
ゲーム内容に直結するものならば、評価の対象に加えて良いと思うのです。
『MYST』を初めてプレイしたとき、
電源を付けた瞬間にその世界に引き込まれていきました。
本作はパッケージを開き、1通の招待状を手にしたときに、
もう物語は始まっていたのです。
最近はゲームでも音楽でもダウンロード版が増えつつあります。
私も最近は良くDL版を利用しますし、
DL版にはDL版の良さがあるのも確かです。
しかし反対に、パッケージ物にはパッケージ物の良さがあるわけで、
そのことを再認識させてくれる作品でもありましたね。
そういうわけで付属品の良さも加味しまして、
総合的には良作で良いかなと思いますね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ WIN /ADV /MYST系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/190-4f91af73
| ホームへ戻る |