シド・マイヤーズ アルファケンタウリ

シド・マイヤーズ アルファケンタウリ

「シド・マイヤーズ アルファケンタウリ」(SMAC)は、
2000年にWIN用として、エレクトロニックアーツから発売されました。

オリジナルは1999年に発売された『Sid Meier's Alpha Centauri』で、
本作はその日本語移植版になります。

尚、正式タイトルが長いからか、
頭文字をとってSMACと表記されることが多いです。

ゲームジャンル:戦略SLG
シド・マイヤーズ アルファケンタウリ

<感想>


シド・マイヤー、或いはシド・メイヤーの代表作に、
世界中で大ヒットしている『シヴィライゼーション』シリーズがあります。
端的に言うと、本作はそれの宇宙版となります。
つまり、宇宙を舞台にしたSLG、
もっと厳密に言えばターン制のストラテジーゲームとなります。

個人的に『シヴィライゼーション』というのは、
斬新さと完成度の両方を最も高いレベルで有していたSLGだと思っています。
それの舞台を宇宙に変えただけと言ってしまえばそれまでですが、
SF的な内容になったことで現実による制約が減り、
より柔軟なアイデアも導入されましたし、
基本的なシステム面もかなり良くなっています。
また戦略物で軽視されがちな外交が重要なのも、非常に好印象でした。

元々非常に完成度の高かったシステムをアレンジしつつ、
更にプラスアルファしてくるわけですからね。
これは大したものです。
さすがシド・マイヤー、本家は他とは違うねと思ったものです。

・・・が、情報がなかったとは言え、恥ずかしいものですね。
当時からコールトゥパワーとかは別人の制作と知っていましたが、
CIV2や本作はシド・マイヤーが作ったとばかり思っていました。
いや、少なくとも日本での発売時は、
それが定説のように言われていたと思います。
そもそも、タイトルからして「シドマイヤー」ってなっていますからね。
しかし実際には、シド・マイヤーは監修だけで直接には作っておらず、
ブライアン・レイノルズらが制作したみたいです。

そのため後で知って非常にビックリしたのですが、
まぁ誰が作ろうとも面白ければ構わないわけで、
これはこれでSLGの完成形の1つかもしれませんね。
そういうわけで文句なしに名作なのですが、
私の基準では純粋なSLGは点数がつきにくいこともあり、
純粋なSLG好きならもっと楽しめるように思います。
なので、そういう人にはぜひやってもらいたい作品ですね。

ここからは余談なんだけれど、
『エイジオブエンパイア2』が確か99年頃だっけか。
とにかくそれ以降、SLGにはRTSブームが来て、
発売される大物はRTSばっかになっていったんですよね。
もちろんRTS好きには最高の時期を迎えたのだろうけれど、
アクション系をあまりプレイせずに、
まったり考えることが好きでSLGを始めた私みたいなのにとっては、
非常に肩身の狭い時期に入ってしまったのです。
またそれ以上に、ゼロ年代はRTS以外のSLGそのものが勢いを失い、
斬新なシステムが出てこないのはもちろんのこと、
グラフィック面とかもRPGとかの他の非アクション系より、
大幅に遅れをとるようになっていきました。
また、ゲーム業界全体が高難易度のゲームを嫌う風潮になりましたしね。
だから歯応えのあるターン制のストラテジーってのは、
私の中では2000年頃に終わりを迎えたジャンルなわけで、
最後の超大物と呼べる作品がSMACなんですよね。
そういう意味で、結果的に印象深くなった作品でもありました。

高難易度だし、SFだし、説明書も分厚いしで、
初心者には厳しい玄人向けのゲームという意味で、
どうしても人は選んでしまうかもしれません。
なので入門用としては薦められないのだけれど、
この手のゲームが好きな人は絶対にやっておくべきゲームだと思いますね。

ランク:AA-(名作)

シド・マイヤーズ アルファケンタウリ

ソフトシド・マイヤーズ アルファ・ケンタウリ 完全版

関連するタグ WIN /SLG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事
トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/19-cf8af5a6
| ホームへ戻る |