『超私立! 女の子様学園』

『超私立! 女の子様学園』

『超私立! 女の子様学園』は2007年にWIN用として、
エムサイズから発売されました。

マゾゲー特化のエムサイズの2作目になります。

超私立!女の子様学園

<概要>


商品紹介によると以下の通り。
「私のドレイに、してあげる……」
「カトゥリア学園入学案内映像」を見せられ、
学園に転入することを決めた主人公。
そこは「女の子様」と呼ばれる謎の存在が支配する楽園だった。

ジャンルはノベル系のADVになります。

<感想>


人によっては夢のような学校かもしれませんね。
主人公が転入した学校は、女性が「女の子様」と呼ばれています。
そして男性は女性のいいなりになると。

このサークルの作品はどれもそうなのですが、
本作もまたマゾゲーですね。

個人的には便器にされ花を活けられたシチュが好きなのですが、
マゾゲー好きならまず楽しめる内容と言えるでしょう。
下の画像のように、こういう変な部分にこだわる作品は大好きです。
onnanokosama01.jpg

ただ、良い部分は確かに良いのですが、問題は一部のルートなんですよね。
完全にマゾゲーに徹したルートは良かったのですが、
メインヒロインらしきルートでは、学園の秘密に迫ることになります。
そこが中途半端なSFものっぽくなってしまいました。
同人ゆえにボリュームも限られている中で、
何であえてこんな超展開にもっていったのかなと。
そのせいでメインヒロインとのHシーンが減ってしまうのでは、
完全に本末転倒です。

サークルの後の作品なんかはマゾゲーに徹しており、
そちらは非常に楽しめました。
下手な色気を出さずに得意分野に徹した分だけ、
後の作品は良くなっているんですよね。
この作品の段階ではそこまで開き直れていなかったので、
少し残念に思ったのです。

<総合>


マゾゲーはそれほど多くないですから、
好きな人はプレイして損はないと思います。
っていうか、もうたぶん多くの人がプレイしているのでしょうけれど。
ただ、特化ゲーに徹しきれてない点で、
やっぱり物足りなさが残ってしまいましたね。
これでも十分に楽しめるのですが、
このサークルからは後にもっと良いのが出ていますので、
今現在という視点からは同サークルの後の作品の方が良いと思います。

ランク:C(佳作)

超私立!女の子様学園

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1897-8d67d994
| ホームへ戻る |