『Incest lover ~ママと母の秘蜜~』

『Incest lover ~ママと母の秘蜜~』

『Incest lover ~ママと母の秘蜜~』は2008年にWIN用として、
メドゥーサから発売されました。

アダルトゲームに珍しい絵柄に惹かれたのだけれど、
負けないくらいに内容も良かった掘り出し物でしたね。

<概要>


内容紹介によると以下の通りです。
「父親の再婚相手の継母(彩)と一緒に暮らしている主人公(達也)は、
卒業を間近にひかえた普通の学生。
-幼い頃、父親に聞かされた自分の母親の死-
現在、仕事が忙しくて家には殆ど帰ってこない父親、
それを待つ継母との…歪んだ生活が続いていた。
虚しい毎日が過ぎていく、そんなある日の夕暮れに
隣家の空き家に引っ越してきた美しい未亡人(すみれ)と出会った。
未亡人に重なる、母の面影…」

ジャンルはノベル系のADVになります。

<グラフィック>


まずとにかく絵に特徴のある作品です。
清楚さ・爽やかさの中にも熟女ならではの色香やエロさも備えており、
個人的にはかなり好きな絵柄です。

こういうタイプの作品も、もっとあって良いのではないかと思いますけどね。
しかし私の好みはどうであれ、確実に今の萌え路線とは異なりますので、
萌え絵以外は駄目って人にあえて薦める気にはなりませんけれど。
逆に今の萌え絵にはウンザリしているような人には、
こういうのもあるんだよと知ってもらいたいですね。

また価格も通常時で1155円、現在は20%オフで924円で発売しています。
それでいて、基本CGの枚数は60枚とミドルプライス並ですので、
これは非常にお得だと思います。

総じてグラフィック面の満足度は高かったですね。

<ストーリー>


ヒロインは2人。
一人は主人公の継母であり、簡単に言えば悪女。
気だるそうに主人公を見下しつつも、色気を存分に漂わせ、
主人公を逆レイプしてきます。
そんな彼女がルートに入ればかなりデレるのであり、これは圧巻でしたね。
あまりこういう展開は見かけないように思うので、
グラフィックと合わせると非常に貴重な路線かもしれません。

もう一人は清楚な雰囲気を漂わせる未亡人。
こちらは継母とは逆で、主人公を癒し甘えさせてくれます。
単なるお隣に引っ越してきた未亡人かと思いきや実は・・・ってことで、
ストーリー的にはこちらのルートがトゥルーないし、
作者の最も描きたかった物語なのでしょう。

この2人のヒロインのどちらを選ぶのかという作品なのですが、
ドロドロした三角関係ものという内容ではありません。
どちらも大人の女性で、しかも主人公の知らない事情も抱えていることもあり、
静かに火花を散らすって感じでしょうか。
ノーマルルートでは3人のお茶会で、私は普段からこんなことできるのよと、
継母が未亡人の目前で主人公のナニをいきなりくわえだすのですが、
直接争うのはそのくらいですかね。

全体的に派手さもないので、
シナリオ的にも主流のイチャラブとかとは異なりますが、
他方でこういう落ち着いた雰囲気の作品が好きな人もいるはず。
個人的には何かホッとしてきますね。

<ゲームデザイン>


上記のように、普通のノベルゲーです。
おそらく、最初は強制的にノーマルENDになってしまうのかなと思います。

その後に各ヒロインENDが見られるのですが、
順番的には継母を見て、最後に未亡人が良いでしょうね。

<総合>


コスパ的な満足度は非常に高い作品でした。
価格で判断するならば、文句なしに名作だと思います。
ただ私の基準は良作までは価格も重視するのですが、
名作か否かに関してはもう1つ違う長所も求めてしまうもので。
ストーリーは私好みではあるものの、
もう1つパンチに欠けている面もありますしね。
内容自体は良作ってところなのでしょう。
なので一応名作に限りなく近い良作としておきますが、
評価以上に主観的には好きな作品でした。
恋愛ものも好きなのだけれど、
ちょっと自分の好みは今の売れ筋からずれてきているなと思う人なら、
中には本作をかなり気に入る人もいると思うわけでして。
そんな人にオススメしたい作品ですね。

ランク:B(良作)

Incest lover

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1885-42f82f53
| ホームへ戻る |