七英雄物語2

七英雄物語2

『七英雄物語2』は1995年にPC-98用として、
姫屋ソフトから発売されました。

七英雄物語の続編であり、時系列的には前作の過去の話になります。

ゲームジャンル:SRPG

7eiyu202.jpg

え~、前作は18禁だったのですが、
何を血迷ったか本作は一般指定になっておりました。
個人的には阿呆としか言いようがないのですが、
そこはとりあえず置いておきましょう。

前作は大戦後の一応平和が訪れた所から始まりますが、
本作は時系列的には前作より先になります。
つまり、まだ戦時中ってことですね。
なので前作を知らなくても特に問題はないのですが、
やっていると前作キャラの過去がちょこっと分かるので、
理解に深みは出てくるかと思います。

前作は村に集まった7人が村を守るってのが目的でしたが、
本作では子供たちを守ることが目的となります。
そもそもの本作のウリでもあるのですが、
世界を救うとかいった壮大なストーリーはありません。
ただひたすらに逃げ遅れた子供たちを安全なところに非難させる、
そんな一見すると地味な設定です。
そこを個性的なキャラたちが盛り上げてくれるわけで、
派手なものを期待する人には合わないでしょうが、
ツボに来る人は意外といるのではないでしょうか。

必死に守った子供たちがお礼に差し出してくれる数枚の僅かな貨幣、
そういったシチュエーションこそ燃えるというものです。
付け加えるならば、
前作は村を守るといいつつ舞台が広がっていったわけで、
そこに若干の違和感も感じてしまいました。
本作は当初の子供を守るという設定を貫徹しており、
その辺でも印象が良かったです。

ジャンルはSRPGになります。
ほとんど前作と一緒ですね。
シンプルですが、ストレスなく楽しめると思います。
もっとも今回は子供を守るという目的があり、
子供のHPは1なのでダメージをくらうと即死です。
そこで如何に攻撃をくらわないかを常に考えなければ駄目なわけで、
その辺が前作との大きな違いとなるでしょうね。

それと、パズル的というか詰め将棋的なマップがあるのも前作同様です。
前作でもそうでしたが、ここは好みが分かれるおそれはありますね。
解法が限られているのを自由度が低いと捉えてしまうと、
おそらく楽しめなくなるでしょう。
逆に、詰め将棋のように1つの解法手順を見つけ出すゲームだと、
切り替えて考えていれば、きっと楽しめるように思います。

総じて、前作同様良く出来た作品でしたね。
特に欠点もなく十分に楽しめますし、良作とは言えるでしょう。
特に一風変わったSRPGを求めている人には、
この作品はオススメだと思います。
その上で、本作が一般作であることも含めて、
もう一押しが足りなかったようにも思えるわけで、
個人的には名作には一歩届かずってところでしょうか。
でも、評価以上に主観的には好きな作品でしたね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 七英雄物語2

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

なつかしい... 七英雄物語
当時前作も2もやりました。
当時からSRPGが好きだったので
これの評価自分は高目です。
例のごとく細かいところは再プレイしないと
忘れてます。 ←なんとかして~ 若年性健忘症?笑
最近良作のSRPGって巡り会ってないですね...

こんにちは、コメントありがとうございます。
2作ともやったって人は結構多いですよね。
発売間隔が近いこともあるでしょうが、それだけ初代に満足した人も多かったのでしょう。
細かいところは、私も駄目ですねw
ドラマでもアニメでも、一番感動したはずのラストとかすっぽりと忘れてきてますし。
何とも困ったものです。
一応、世間では今年も良作と言われるSRPGは出ているみたいですけどね。
ただ、字面からは範囲の広そうなジャンルですが、実質的にはタクティカルコンバットシステムに成長要素を加えたものという、SLGの中でも一部分を取り出して特化した極めて狭いジャンルですからね。
90年代前半にシステムを発展させ、半ばから後半にかけてストーリーの良いのが出たあたりで、ジャンル的にはもう発展性はなくなったように思います。
あまり好きな言葉ではないのですが、今風に言えばオワコンってやつなのでしょうね。

これまた懐かしいですね。
序盤とED、バッドENDは覚えていますが、
中盤はすっかり忘却の彼方です(笑)
前作は結局ストーリーが壮大になってしまったのが
残念でしたが、今回は最後まで変わらなかったのが
良かったですね。
システム面は前作と基本的に変わっていなかったので
やりやすかったのですが、主人公が終盤になるにつれ
戦闘面で頼りにならなくなるところまで同じにしなくても
良かったのにと思いながらプレイしていたのが
記憶に残っています(笑)
名作とまではいかなくても良作ではありましたね。

こんばんは、コメントありがとうございます。
壮大な方が支持されやすい面もあるかもしれないですが、安易にそういう方面にもっていかず、この作品ならではの持ち味の追求に徹したあたりは良かったですよね。
だから良作だなとは思ったのですが、システム面は仰る通りですね。プレイがしやすいのも良いことなのでしょうが、私なんかは変化を好む方ですので、もう一捻りがあれば、名作と言っていたかもしれませんね。

良作でしたよ、これ。
でも私が「いいな」と思う作品は売れないから不思議です。
男性ユーザーじゃなからでしょうかね。
姫屋ソフトは全買してました。
バクタとかアッシュとかよかったなぁ。。。
ヒットを狙わずニッチを選ぶ作風でしたね。

姫屋ソフトはいろいろと方向性を変えてきていましたからね。
同じことをせず新しいことに挑戦しようとする姿勢は私は好きだったのですが、世間一般で言えば少数派なのでしょう。
多くの人は変わらず同じものを望む傾向があるみたいですし、姫屋は作品ごとにファンはついてもブランドにはファンがつきにくいところだったのではないでしょうか。
それとこの2に関しては、18禁指定がなくなったのが大きいのかと。
この頃は一般ゲーってだけで急に見向きされなくなりましたから、作品の良し悪しは関係なしにヒットはしないのでしょう。
95年は一般PCゲーの面白いのが一杯あった年でしたが、どれもこれもマイナーになってしまい受難の年でもありましたからね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/188-383fcf73
| ホームへ戻る |