<ラノベ> ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

<ラノベ> ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

<ラノベ> ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

三上延さんのビブリア古書堂の事件手帖4です。
好きなシリーズなのですが、書く機会が大分遅くなってしまいました。

ビブリア古書堂の事件手帖4

作品紹介を引用させてもらいますと、
「珍しい古書に関係する、特別な相談――
謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。
その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。
それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと
持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。
そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。
美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが。」

まぁTVドラマがあったので、
原作読まなくてもそっちで知った人も多かったのかなと。
ドラマはいろいろ足りない部分もあったけど、仕方ないのか。
いや、尺の関係で端折られるのは仕方ないとしても、
混ぜたり変な改変していたからな~


さて、今回は傾向がこれまでと異なっています。
これまでは幾つかの短編が収録され、
各短編ごとに一つの小説を扱っていました。

今回は一冊まるごと使っていますし、
一つの作品ではなく、広く江戸川乱歩を扱った内容になっています。

江戸川乱歩は好きな人も多いだろうし、
自分も最も好きな作家でもありますので、
モチーフになるのは嬉しいような読みにくいような微妙な複雑さもあったり。


肝心の内容なのですが・・・どうなんだろうな~
ずっと謎だった栞子の母が登場して全体の物語も大きく動いていきますし、
主人公と栞子の関係にも変化が出てきます。
これ以上じらされるのも嫌なので、全体の流れは良かったのだと思います。

また過去の名作の魅力に頼りきるのではなく、
自分なりに自身の作品の中に消化しようとする姿勢も、
基本的には非常に良いことなのだと思います。

でも、だからこそ作者の地力が出てしまうわけでして。
今回は長編のミステリーになっています。
作者が短編向きなのか、それとも本来的にミステリー作家でないからか、
原因がどちらかは特定しかねるのですが、
最初の方よりあまり楽しめなかったのかなと。
また面白くなることを期待したいのですが、
巻ごとに楽しめなくなってきている点が少し気になりました。

ビブリア古書堂の事件手帖4

関連するタグ 


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「漫画・ラノベ(刊行中)」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1878-f9fc2b61
| ホームへ戻る |