アルバートオデッセイ

アルバートオデッセイ

『アルバートオデッセイ』は1993年にSFC用として、
サンソフトから発売されました。

SFCでは珍しい鬱ゲーでしたね。

ゲームジャンル:SRPG

アルバートオデッセイ

サンソフトは昔から一風変わった作品を多く作ってきたのですが、
その精神はこの作品にも脈々と受け継がれているわけでして。

というのも、システム面の珍しさもさることながら、
本作はEDも話題になった作品でした。
コンシューマーのゲームでトラウマになった経験は?
と聞かれたら、絶対に名前が出てきそうな作品の1つが、
この作品だったのです。

さて、本作のシステムを端的に言えばSRPGになるのでしょう。
しかしゲームムシステムは、
必ずしも一つに決まっているものではありません。
FEのヒットの影響からかSRPGの多くは面クリア型でしたが、
本作にはそういう面というものはありません。
RPGのような全体マップを用いたSRPGだったのです。
もちろんタクティカルコンバットを用いたRPGってのもあるのですが、
それよりも更にSRPGよりで、
タクティカルコンバットを用いたRPGとSRPGの中間のようなシステムでした。

SRPGはこうあるべしとFEのようなSRPGを基準にして、
そこに当てはめて考える人にはこの作品は向いていないでしょう。
しかし、中間的なシステムは他にはない新鮮さを醸し出していましたし、
他のSRPGより自由度を高めることに成功しました。
SRPGの一つの方向性としては、こういうのもありなんだと思いますね。

本作にはもう一つ特徴があって、それがEDでした。
何と言いますか、今で言うバッドエンドなんですね。
どういうことかと言うと、
ラスボスを倒してこれで大団円ってところで、
これまで苦楽を共にしてきた仲間が次々に倒れていきます。
いや、これには呆然としました。
一瞬皆殺しの富野を思い出しましたが、
ラスボスを前にして仲間が次々に身を挺してってなら分かるのですが、
何故にラストでこうなるのかと。
続編につなげるための前フリなのかもしれませんが、
いくら何でもこれはないんじゃないかと思うのですが…

そういうわけで、非常に後味の悪い作品でした。
作品自体は名作もありえたのでしょうが、
ラストが納得できなかったこともあり良作としておきます。
ストーリー重視の人だったらもっと低くなることもあるでしょう。

もっとも、評価なんて二の次であって、
とにかく記憶に残る作品でもあります。
人によってはトラウマになりかねませんが、
変わったシステムと相俟って一見の価値はあるゲームだと思いますね。

ランク:B-(良作)

アルバートオデッセイ

関連するタグ SFC /SRPG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/186-7ff7fd5c
| ホームへ戻る |