ライフ イズ ミュージック

ライフ イズ ミュージック

『ライフ イズ ミュージック』は1992年にPC-98用として、
光栄から発売されました。

光栄のSLGの中でもかなり珍しい作品だったのではないでしょうか。

ゲームジャンル:SLG+ADV
属性:音楽

lifeismusic01.jpg

光栄にはリコエイションゲームと呼ばれるゲームがあります。
厳密にはSLGになるのでしょうが、
SLGとRPGの中間的なゲームだったわけですね。

もっとも、そうしたシステム的な分類とは別に、
ストーリー的な観点で見てみますと、
リコエイションゲームの多くは、
誰かしらの人生を追体験した作品が多かったように思います。

本作もバンドマンの人生を描いたもので、
作品の持つ雰囲気的なものはリコエイションゲームに通じます。
もっともRPGのような戦闘がなく、
システム的にはSLG+ADV+音ゲーとなることから、
リコエイションゲームの仲間には加えられませんでした。
そのため、光栄の各種SLGの中でも、
極めてマイナーな部類になってしまったように思います。

さて、本作の主人公はボーカル兼ギターで、
ゲームの基本的な流れとしては、
マップを移動し仲間となるバックバンドを探し出す、
コンサートで演奏する楽曲を作曲家に依頼する、
練習をしてコンサートに臨むってところでしょうか。

コンサートで上手くいけば報酬も増えますし、
そうなると新しい楽器を購入したり、
より難易度の高い楽曲を作ってもらったり、
或いはレコードを作成ってこともできるようになります。
音楽か映画かの違いはありますが、
94年に出た『ようこそシネマハウスへ』と似たような雰囲気でしょうか。
いや、イベント性が薄いので『映画監督物語』っぽいのかも。

このゲームにはもう一つ大きな特徴がありまして、
それがマウスでギターを演奏するってものでした。
つまり、コンサートでは自分も直接演奏に加わるわけで、
マウスの上下で高低は変わったり、
マウスを用いて演奏をするわけですね。
いわば、ちょっとした音ゲーでもあったのですが、
これがイマイチこつが分からず、とても難しく感じました。

このゲームは好きな人は好きなんだろうなと思いますし、
それだけの魅力はあったのでしょう。
問題はその魅力のベクトルなわけでして。
私としてはバンドマンの人生をシミュレートしたという部分に、
興味や魅力を感じたわけです。
でも、キャラの個性が乏しかったりして、
上記で言えばシネマハウスより映画監督物語みたいな感じなのです。
なので、バンドマンの人生をシミュレートという部分については、
その意欲は評価したいもののあまり中身が伴ってなかったように思い、
評価も伸び悩むわけですね。
よって、個性を評価しても総合では良作止まりかなって感じでした。

もっとも、本作は演奏パートの比重が大きいわけで、
アクション系が守備範囲外で評価対象外な私は、
比重の大きな部分に興味がなかったから、
こういう評価になったとも言えるわけです。

今では音ゲーはかなり人気のあるジャンルとして確立していますし、
そういう類のゲームが好きな人も多いでしょう。
そして、マウスを用いて楽曲を自ら弾きこなしてみたいって人も、
少なからずいるように思います。
本作は一見するとSLG+ADVなのですが、
本質的にはSLGやADV好きというよりも、
そういう音ゲー好きに向いた作品だったようにも思います。
つまりは根本的には私に向いていない作品だったのであり、
向いている人がプレイしていれば名作にも感じられたのではないでしょうか。
試みは面白かっただけに、もう少し日の目を浴びて、
もっと多くの人にプレイしてもらいたいと思った作品でした。

ランク:B(良作)

関連するタグ PC98 /SLG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/185-361aea4b
| ホームへ戻る |