<日記> カッターライタン

<日記> カッターライタン

80年代に『ゴールドライタン』というアニメがありまして。

アニメ自体はあまり印象に残っていないのですが、
超合金のゴールドライタンのおもちゃは幾つか集めたものです。


私は芯ホルダーを使用することが多いので、鉛筆はほとんど使いません。
でもたまに鉛筆も良いなと思うのですが、そうなると鉛筆削りが必要になります。
もっとも使用頻度が少ないために、良い鉛筆削りを持っていません。
とりあえず『パーフェクトペンシルUFO』に付属するやつでしのぐことが多いです。

これは一本で鉛筆、消しゴム、鉛筆削りがセットになっており、
鉛筆は他所のメーカーのも使えるので結構重宝するのです。
パーフェクトペンシルUFO

でも、もっときちんとした物も欲しいなと探していたときに、
ふと思い出したのが「カッターライタン」でした。
冒頭でも書いたように、昔「ゴールドライタン」っておもちゃがあったのですよ。
超合金でずっしりと重みがある上に、クリスタルカットで高級感もありました。
ゴールドライタン

最初は四角い高級ライターのような外見なのですが、
変形させるとロボットの形になるわけですね。
高級感の漂う可変式ロボってだけでも満足度は高いです。

でも、それだけで終わらないわけでして。
メインのゴールドライタンは変形するだけなのですが、
その他のライタンの多くには実用的な機能がついていました。
どういう基準で購入するかも人それぞれなのでしょうが、
私の場合は格好良さは二の次で、
実用性が高そうなやつとかギミックや付属品の多そうなやつを優先していました。

付属品の多さという点では『デンジライタン』ですね。
名前の由来とギミックの関連性がいまいちよく分からないのですが、
ルーペとコンパスと地図数点を内蔵していたんですね。
実際に役立つ機会はそれほどなかったかもしれませんが、
他が一つの機能なのに対し、これは幾つも機能があったので、
当時の一番のお気に入りでした。
デンジライタン

分かりやすい実用性重視という点では、『ライトライタン』ですね。
その名の通り、懐中電灯になります。
クリスタルカットでないので、ちょっと安っぽかったですけどね。
とにかく実用性をと思って買ったやつでした。
まぁ、灯りは弱いので、実際にはあまり役立つものでもなかったですけどね。
ライトライタン

つまり実用性を重視して選んでみたものの、やっぱりおもちゃに付属する機能なので、
どれもこれもそれほど実用的なものでもなかったんですね。

そんな中で一番役に立ったのが、『カッターライタン』でした。
ゴールドライタンと同じくクリスタルカットで高級感は漂うものの、
大きさが半分くらいしかないので存在感はどうしても弱いです。
また見た目も可愛いと言えば可愛いのですが、格好良くはないですよね。

でも、ギミックが良かったのですよ。
これは鉛筆削りの機能を有していて、頭の穴に鉛筆を入れて削ることができます。
削ったカスは体内に溜まるので、頭を外して後で捨てることができます。
鉛筆削りが近くにない場合、カッターライタンがあると急場をしのげるんですよね。
何か良い鉛筆削りがないかと今探しているのですが、
それでふと思い出したのがこのカッターライタンであり、
今は復刻版が出ているみたいなので、何だか無性に欲しくなっているところです。
カッターライタン



関連するタグ 


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1823-3ad7e65c
| ホームへ戻る |