やりたい放題2 ツーリストをねらえ

やりたい放題2 ツーリストをねらえ

『やりたい放題2 ツーリストをねらえ』は1989年にPC-88用として、
全流通から発売されました。

やりたい放題シリーズの第2弾ですね。

yaritai201.jpg

<概要>


ゲームジャンル:ノベル系ADV
属性:ナンパ

大まかな流れは前作と同様であり、
内容的にはナンパゲームになります。

ゲームジャンルはノベル系のADVで、
選択肢を選ぶことで展開が変わり、次の場面に進行します。
つまりは今のノベルゲームと同じ構造ですね。

<感想>


さて、本作は当然ながら前作と異なる面があります。
前作が1つの街の中だけの話だったのに対し、
今回は列車・バス・飛行機などの様々な交通手段を用いて、
それで全国各地を飛び回ることになります。
そして、そこで出会った女の子をナンパするわけですね。

何かどこぞのギャルゲーに似たような設定に感じますが、
当然こっちが先だったりします。
なんていうか、全流通って大抵は作りこみがカスなのですが、
後に流行ったゲームの元を辿れば全流通みたいなことが多々あって、
少なくとも先見の明や発想だけは優れていたように思います。
文句を垂れながらプレイしている人が意外と多いのも、
そうしたどんなゲームなんだろうとつい期待したくなるような、
そんな新鮮さがあったからなのではないでしょうか。
少なくとも私は完成度の高いコピー作品よりも、
荒削りでも新鮮さのある方が好きですので、
文句を言いつつもここのゲームは好きなんですよね。

また、本作のヒロインは、
前作の4人から9人へとボリュームが倍以上になりました。
グラフィックもかなり進化して結構可愛い子も増えました。
中には小○生もいましたし、
全国の有名リゾートが舞台なので背景も頑張っていました。
なので長所だけをみれば、十分良作以上のレベルだと思います。

yaritai202.jpg
yaritai203.jpg

その一方で、このシリーズの悪い特徴でもあるのですが、
難易度の高さも健在だったわけでして。
いや、むしろグレードアップしました。
終盤のキャラは特に凶悪的なので、
総当りのノベルゲームと言われても仕方ないですね。
最近では『仏蘭西少女』とかが難易度の高さで話題になりましたが、
難易度が高ければ良いってものではありません。
ノベルゲーだって場合によっては総当りじゃんって教えてくれた、
反面教師的なシリーズでもありました。

<総合>


総合的にはギリギリ良作ってところでしょうね。
良い面も幾つかあったのですが、如何せん難易度が高すぎましたから。
場合によっては佳作もありうるのであり、
この難易度をどう捉えるかでも下げ幅は大きく変わりうるでしょうから、
ノベルの選択肢を総当りすることに抵抗なければ案外楽しめるでしょうし、
逆に合わない人にはとことん合わない可能性もあったのかなと。
ストーリーを追うのではなくナンパしてHが目的のゲームですからね、
もっと難易度を下げてくれればと思うと、
ちょっと勿体無い作品でしたね。

ランク:B-(良作)

PC-8801SRソフト やりたい放題2 ツーリストを狙え

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/182-6ec0bc5c
| ホームへ戻る |