わが青春の妖怪屋敷

わが青春の妖怪屋敷

『わが青春の妖怪屋敷』は1988年にPC-88用として、
ドット企画から発売されました。

当時としては、かなり異質なノベルゲーであり、驚かされたものでした。

wagaseisyun01.jpg

<概要>


ジャンルはノベル系のADVになります。

キャラデザインだけを見ると、アダルトゲームっぽく見えるかもしれません。
もちろん当時は18禁という区分がなかったので、
ここでいうアダルトゲームとは、裸であるとか、
アダルトな要素を含んだ作品を意味します。

絵柄的にもストーリーの内容的にも、
当時のPCのADVと方向性が異なりますし、
アダルトゲームの方に近い方向性のようにも感じますが、
本作にアダルト要素は全くありません。
そのために、一般PCゲー方面からのアプローチ、
エロゲ方面からのアプローチのどちらからも漏れやすい作品であり、
それが作品のマイナー性を生み出していたのかもしれません。

<ストーリー>


本作の主人公は、バンド仲間の男女4人組になります。
4人は、あるとき突然、妖怪屋敷に転送させられてしまいます。
その妖怪屋敷から脱出することが目的となりますので、
物語上のジャンルとしては、
館モノ或いは脱出モノっていう分類になるのでしょう。

ストーリー自体は特筆すべきこともなく、平凡なものと言えるかもしれません。
しかし、バンド仲間4人組が主人公ってのがミソでしたね。
バンド仲間って設定自体も、確かに珍しくはありましたが、
だからと言って特別何かが違うとまでは言えないのでしょう。
この場合、むしろ「4人組」って部分に意味があったのです。

このゲームは4人の会話が主となって進行するのですが、
4人組がボケとツッコミを繰り返しながら進むので、
テンポ良く楽しめるわけですね。
また、ちょっと独自のテキストでしたので、
その辺りも印象的に感じたものです。

<ゲームデザイン>


さて、本作の大きな特徴たるテンポの良さですが、
これを影で支えていたのがシステムになるのでしょう。

ゲームのジャンルとしては、
当時まだ出たばかりで珍しかったノベル系のADVになります。
まぁ、何度も書いているので、ここでは省略しますけどね。
小説タイプのノベルウェアや、ゲームブックタイプの作品など、
88年は様々なタイプのノベルゲーが出た年であり、
本作もその中の1本になるわけです。

もう少し具体的に本作に沿って説明しますと、
本作は実質的にオートモードに近い感覚で進行します。
というのも、基本的に4人が会話をして、それが自動で進み、
要所要所で選択肢が出てくるのです。
wagaseisyun02.jpg

画像を見れば、当時多かったコマンド選択式でないことは一目瞭然ですが、
他のノベルゲーと異なり自動で進む分が多いので、
感覚的には今のノベルゲームを、
オートモードでプレイしたようなものなのです。

こういう構造の作品ですので、当然視点みたいなのも異なってきます。
昔のADVはプレイヤーとコンピューターのやり取りといった構造でしたので、
プレイヤーの分身たる主人公「1人」の視点に縛られていたものでした。
(余談ですがそういう縛りがあったからこそ、
逆に「1人」の視点を複数見るマルチサイトや、
「1人」の視点を切り替えるザッピングが活きたわけですね。)
本作はノベルゲームですので、
そういう80年代のADVにある縛りが存在しません。
だから、4人の誰かの視点に変わりますし、
4人の自然な会話によってゲームが進行するのです。

少し分かりにくいか・・・
つまりノベルと言っても、例えば『弟切草』や『かまいたちの夜』なんかでは、
主人公が半分プレイヤーの分身であり、主人公とプレイヤーが分離していません。
主人公とプレイヤーが完全に分離したノベルは、
90年代後半にならないと出て来ないという見解を某所で見たんですよね。
主人公とプレイヤーの完全分離にどれだけの価値があるかは分らないけれど、
とりあえず主人公がプレイヤーの意思から離れることで、
より小説的な構造になったとは言えるのでしょう。
ただ、完全分離に価値を認めるのだとしても、
それを90年代後半まで待たなければならないというのには反対で、
本作では4人の主人公が勝手に会話しているわけですから、
既にプレイヤーたる私たちの手を離れているのです。
だから完全分離の時期という点においても、
遅くとも88年には既にあったということなんですよね。

主人公がプレイヤーの意思に反し勝手に動くことがあると言っても、
今となっては当り前すぎることでしょう。
だから、何を言っているんだと思う人もいるかもしれません。
これはいわゆる「コロンブスの卵」的なものであり、
最近の人が本作をやったとしても、おそらく何も気付けないように思います。
しかし当時のADVをよく知っている人、
そして当時のADVの常識に縛られている人であればあるほど、
プレイしていて本作の構造に違和感が生じてくると思います。
一見ありふれたゲームのようでいて、実は結構異質な存在だったのです。

私が本作をプレイしたのは、発売から10年以上経った大分後のことでした。
単純に面白いかと聞かれると微妙な部分もあるのですが、
こんな作品がこの時期にあったのかと、衝撃を受けたんですよね。
一般的に語られるADVの歴史からは、明らかに異質な存在ですから。
様々な説明を根底から覆しかねないですからね。

もっとも、だからこそ、当時はうけなかったとも言えるのかもしれません。
これはもう、価値観の問題ですね。
ノベルゲーと同じ枠組みでそれ以外のADVを測ろうとして、
それで頓珍漢に見えてしまう感想がままあります。
当然その逆もあるわけで、コマンド選択式が「常識」だったこの時代、
突如ノベル系を出されても選択式と同じ基準で見られることが多く、
ノベルゲーとしての魅力が理解されないわけです。
また主人公はプレイヤーの分身という意識が強かった時代において、
4人のキャラがプレイヤーから完全に独立し、会話をしているわけですからね。
今だと普通に受け入れられそうですが、
80年代のADVが好きで、
ADVはこうあるべしと理想像を持っているような人だと、
本作の様な存在は理解不能になりかねません。
そういう意味では、本作は時代を先取りしすぎていたのでしょうね。

<感想・総合>


当時出始めたばかりのノベル系という珍しさ、
主人公とプレイヤーを切り離した小説の様な展開の仕方など、
異質な要素は複数存在しますので、ぶっちゃけ私好みの作品ではあります。
ただ、あれこれ分析するのには都合の良い作品ではあるものの、
グラフィックやストーリーなど、
個々の部分に特別秀でたところもなかったですからね。
そのため、総合では佳作としておきます。

まぁ、世間で名作と言われるような作品だけをやって、
それでその時代を知った気になる人も多いですが、
名作と呼ばれる作品だけをプレイしても、
表面的な歴史の一部しか分らないということですね。

上記のように当時のADVの中にあっては異質な雰囲気を有しており、
個人的には点数以上に印象深い作品でもありました。

ランク:C(佳作)

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/181-bbe9ab34
| ホームへ戻る |